ローディング中

Loading...

子供から大人までみんな大好きなハンバーグ。一度にまとめて作って保存すれば、毎回作る手間なし!でも、保存は冷凍?冷蔵?今回はハンバーグの正しい保存方法や、冷凍ハンバーグを使ったおすすめレシピをご紹介します。

ハンバーグの保存どうしてる?

子供から大人までみんな大好きなハンバーグ。グリルでこんがりと焼いたり、煮込みハンバーグにしたり、中にチーズを入れたりなど、一言でハンバーグと言っても様々なものがありますよね。

そんなハンバーグですが、ハンバーグのタネが中途半端に余ってしまい、保存に困ったことはありませんか?

玉ねぎをみじん切りにし、しっかりと材料を混ぜ合わせてタネを作って焦がさないように焼く・・・と面倒な工程も多いハンバーグ。まとめて作って冷凍保存しておけば、毎回毎回ハンバーグを作るたびにこの工程をたどる必要がなく、便利ですよね。そこで今回は、ハンバーグの正しい保存方法とおすすめレシピをご紹介します。

ハンバーグは常温で保存できる?

ほとんどの場合、ハンバーグに使われるお肉はひき肉です。ひき肉はお肉の中でも傷みやすくなっています。焼く前の生の状態のハンバーグはもちろん、しっかりと中まで火を通して焼いたハンバーグでさえも、常温での保存は大変危険です。

次の日のハンバーグは危険

前日の夕食に作ったハンバーグが余ってしまい、翌日食べようという場合も、常温での保存は危険です。煮込みハンバーグなど、「この方がすぐに温められるから・・・」とお鍋の中に入れたまま常温で保存している場合は、必ず冷蔵庫に移すようにしましょう。

常温で保存するとハンバーグから水分が抜けてしまい、ハンバーグならではの、肉汁がじゅわっと溢れ出てくるジューシーな旨味を楽しめません。パサパサ、モサモサとした味気ない食感になってしまいます。また、細菌も発生しやすくなり、食中毒などを起こしてしまう可能性も高くなるため注意が必要です。

ハンバーグは常温保存ができる食べ物ではありませんので、季節に関係なく常温保存は控えてくださいね。

短時間でも必ずラップを

ハンバーグを保存するのであれば、例え短時間であってもラップをしておきましょう。ハンバーグを空気から守ってあげることで酸化や乾燥が防げます。

また、衛生的な部分を考えても、ラップをかければ様々な細菌が付着してしまうことや、ほこりなどが付着してしまうことを防げます。ハンバーグの保存にはラップが必須アイテムだと覚えておきましょう。

冷蔵保存する場合

常温保存ではなく、冷蔵庫でハンバーグを保存する場合にはどういったことに気を付ければ良いのでしょうか。焼く前の状態、そして焼いた後のハンバーグ、それぞれの保存方法をご紹介します。

タネの保存

タネの状態でハンバーグを保存するのであれば、タネをラップでしっかりと包みましょう。その後フリーザーバックなどに入れてから冷蔵庫で保存します。

また、ハンバーグのタネをこねる段階ですでに冷蔵保存をすることを予定しているのであれば、素手でこねるのではなくビニール製の手袋を使うとより良いでしょう。またはビニール袋にタネの材料を全て入れ、袋の上からしっかりとこねたものをラップで包み、フリーザーバックに入れて冷蔵保存しましょう。こうすることによってタネに雑菌が繁殖してしまうことを防ぎます。

冷蔵保存したタネは、半日から1日程度で使うようにしてください。 それ以上冷蔵保存してしまうと、ひき肉の質が低下してしまい、雑菌が繁殖してしまったり、冷蔵庫の他の食材にニオイがうつってしまう可能性があります。

調理済みハンバーグの保存

火を通し、しっかりと調理したハンバーグを冷蔵庫で保存する場合、ラップをかけておけば3日程度ならば食べることができます。ただし、焼いてから冷蔵庫に入れるまでの時間が長くなってしまうと、保存期間はこれよりも短くなります。いずれにしても、食べる前には必ず見た目や二オイなどを確認するようにしてくださいね。

冷凍保存する場合

ハンバーグを保存するのであれば、基本的には調理後のハンバーグを冷凍保存するのがおすすめです。次に、その具体的な保存方法についてご紹介します。

保存の仕方

焼いた後のハンバーグはしっかりと冷ましてから急速に冷凍させましょう。急速冷凍することで、ハンバーグの肉汁などの旨み成分が逃げ出さず、しっかりと閉じ込めてジューシーさを保つことができますよ。

冷凍庫に急速冷凍機能がない場合は、ハンバーグを一つずつラップに包み、金属トレーに乗せて冷凍しましょう。凍ったタイミングでハンバーグを一度冷凍庫から取り出し、フリーザーバックに入れて再び冷凍保存をすると良いですね。

ハンバーグを一つずつラップに包んで保存することで、解凍後に食べる際にも食べる人数や量に合わせながら使うことができるため便利です。

焼く前の冷凍保存はNG?

ハンバーグを焼く前の状態で冷凍保存をすることも不可能ではありません。しかし、あえてタネの状態で冷凍保存をするメリットは特にありません。

その反面、デメリットはたくさん存在します。まず、ひき肉を混ぜて冷凍してしまうことでドリップ(肉汁)が出てしまうため、旨み成分が外に逃げ出してしまい、食べた際の食感も悪くなってしまいます。また、細菌が繁殖する可能性も高くなってしまいます。

絶対にNG というわけではありませんが、できるだけ生の状態ではなく、しっかりと火を通して焼いたハンバーグを冷凍保存することをおすすめします。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

クセになる♡さけるチーズを使ったアレンジレシピ♪「10」選

雪印メグミルクから販売されている「さけるチーズ」を使ったアレンジレシピを10選しました。そのまま食べてもクセになるほど美味しいと評判ですが、アレンジして食べるとまた違った楽しみ方ができます♡

ノンフライでヘルシー♡「野菜チップス」の作り方まとめ

ダイエット中だとしても何となくポテトチップスが食べたい時ってありますよね…。しかし、市販のポテトチップスは油であげられているので高カロリー!そんな時は揚げない野菜チップスを手作りしてみましょう。ノンフライでヘ…

【食材別】パワーが漲る!スタミナ料理の人気レシピ25選

暑いと体力が落ちて、ついエネルギーも消耗しがち。そこで今回は暑い夏を乗り切るスタミナ料理のレシピをご紹介します。鶏肉やにんにくなどの食材を使った簡単レシピは、すぐに真似できますよ。夏風邪も防いで元気に過ごしま…

「もみじおろし」を作って料理をして暑い夏を乗り越えよう!レシピ「6」選☆

よく飲食店でみるちょこんと食べ物の上にのっかった「もみじおろし」。これがまたいいお仕事をしますよね♪食をかきたてます!!暑い夏はもみじおろしを使って色々な料理にチャレンジしてさっぱりと食事しませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

シュワシュワきれいな炭酸ゼリー♩簡単レシピ15選

気温が高くなるとひんやり冷たいスイーツをあれこれ試してみたくなりますね。なかでも、シュワシュワの泡が涼しげな炭酸ゼリーはとくにおすすめ♩難しそうに見えるけど、作り方はとっても簡単!おしゃれでおいしいレシピを1…

チャンプルーもサラダも◎ ゴーヤの人気レシピ20選で脱マンネリ!

夏バテ予防として知られるゴーヤの人気レシピをご紹介します。おなじみのチャンプルーのほか、サラダやお浸し、炒めものなど、思わず試してみたくなるレシピ20選紹介します。苦味を抑える方法も細かく解説するので、苦手な…

生後100日を祝福!「お食い初め」の料理の意味&レシピを総まとめ

赤ちゃんの生後100日ごろに行われる伝統的なお祝い事「お食い初め」。料理の意味やレシピをご存じですか?初めて経験する方にとって、わからないことが多いものです。ここでは、お食い初めのオーソドックスなレシピと意味…

ページTOPに戻る