ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ハンバーグの保存どうしてる?

Photo by macaroni

ひと口にハンバーグと言っても、グリルでこんがりと焼いたり、煮込みハンバーグにしたり、中にチーズを入れたりなど、ひと口にハンバーグと言ってもさまざまなものがありますよね。

そんなハンバーグですが、タネが中途半端に余ってしまい、保存に困ったことはありませんか?

玉ねぎをみじん切りにし、しっかりと材料を混ぜ合わせてタネを作り、焦がさないように焼く、と面倒な工程も多いハンバーグ。まとめて作って冷凍保存しておけば、毎回ハンバーグを作るたびにこの工程をたどる必要がなく、便利ですよね。そこで、ハンバーグの正しい保存方法とおすすめレシピをご紹介します。

冷凍保存の手順

Photo by macaroni

基本的に、生のままではなく調理後のハンバーグを冷凍保存するのがおすすめです。ここからは具体的な保存方法をご紹介します。

保存の仕方

焼いた後のハンバーグはしっかりと冷ましてから速やかに冷凍させましょう。急速冷凍することで、ハンバーグの肉汁などのうま味成分を逃さずしっかり閉じ込められるので、しっかりと閉じ込めてジューシーさを保つことができますよ。

冷凍庫に急速冷凍機能がない場合は、ハンバーグをひとつずつラップに包み、金属トレーにのせて冷凍しましょう。凍ったタイミングでハンバーグを一度冷凍庫から取り出し、フリーザーバッグに入れて再び冷凍保存をするとよいですね。

ハンバーグをひとつずつラップに包んで保存することで、解凍後に食べる際にも食べる人数や量に合わせながら使うことができるため便利です。

焼く前の冷凍保存はNG?

ハンバーグを焼く前の状態で冷凍保存をすることも不可能ではありません。しかし、あえてタネの状態で冷凍保存をするメリットは特にありません。

その反面、デメリットはたくさん存在します。まず、ひき肉を混ぜて冷凍すると、解凍時に肉汁が出てしまうため、旨み成分が外に逃げ出してしまい、食べた際の食感も悪くなってしまいます。また、細菌が繁殖する可能性も高くなってしまいます。

絶対にNGというわけではありませんが、できるだけ生の状態ではなく、しっかりと火を通して焼いたハンバーグを冷凍保存することをおすすめします。

保存期間

調理済みのハンバーグは冷凍保存をしておけば、1ヶ月程度はおいしく食べられます。ハンバーグのタネをこねた状態で焼かずに冷凍する場合には、2週間を目安に食べきりましょう。

冷凍したハンバーグの解凍方法

冷凍していたハンバーグはどのように解凍すればおいしく食べることができるのでしょうか。次に、解凍時のポイントをご紹介します。

編集部のおすすめ