ハンバーグの正しい保存方法とは?おすすめレシピで時短&豪華な食卓

子供から大人までみんな大好きなハンバーグ。一度にまとめて作って保存すれば、毎回作る手間なし!でも、保存は冷凍?冷蔵?今回はハンバーグの正しい保存方法や、冷凍ハンバーグを使ったおすすめレシピをご紹介します。

2018年11月16日 更新

冷蔵保存する場合

常温保存ではなく、冷蔵庫でハンバーグを保存する場合にはどういったことに気を付ければ良いのでしょうか。焼く前の状態、そして焼いた後のハンバーグ、それぞれの保存方法をご紹介します。

タネの保存

タネの状態でハンバーグを保存するのであれば、タネをラップでしっかりと包みましょう。その後フリーザーバックなどに入れてから冷蔵庫で保存します。

また、ハンバーグのタネをこねる段階ですでに冷蔵保存をすることを予定しているのであれば、素手でこねるのではなくビニール製の手袋を使うとより良いでしょう。またはビニール袋にタネの材料を全て入れ、袋の上からしっかりとこねたものをラップで包み、フリーザーバックに入れて冷蔵保存しましょう。こうすることによってタネに雑菌が繁殖してしまうことを防ぎます。

冷蔵保存したタネは、半日から1日程度で使うようにしてください。 それ以上冷蔵保存してしまうと、ひき肉の質が低下してしまい、雑菌が繁殖してしまったり、冷蔵庫の他の食材にニオイがうつってしまう可能性があります。

調理済みハンバーグの保存

火を通し、しっかりと調理したハンバーグを冷蔵庫で保存する場合、ラップをかけておけば3日程度ならば食べることができます。ただし、焼いてから冷蔵庫に入れるまでの時間が長くなってしまうと、保存期間はこれよりも短くなります。いずれにしても、食べる前には必ず見た目や二オイなどを確認するようにしてくださいね。

ITEM

旭化成 ジップロックフリーザーバッグ 

内容量:120枚

¥1,345〜 ※2018年5月28日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

冷凍保存する場合

ハンバーグを保存するのであれば、基本的には調理後のハンバーグを冷凍保存するのがおすすめです。次に、その具体的な保存方法についてご紹介します。
2 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう