ハンバーグの正しい保存方法とは?おすすめレシピで時短&豪華な食卓

子供から大人までみんな大好きなハンバーグ。一度にまとめて作って保存すれば、毎回作る手間なし!でも、保存は冷凍?冷蔵?今回はハンバーグの正しい保存方法や、冷凍ハンバーグを使ったおすすめレシピをご紹介します。

2018年11月16日 更新

調理済みのハンバーグ

調理済みのハンバーグは、冷凍時にすでに中までしっかりと火を通しているため、解凍時は電子レンジで温めるだけですぐに食べることができます。

また電子レンジの解凍機能を使い、ある程度解凍させてからアルミホイルやクッキングシートに包んで包み焼きハンバーグにすれば、旨み成分が逃げ出さず、よりふっくらとおいしく仕上がるでしょう。

タネで冷凍保存したハンバーグ

タネの状態で保存していたハンバーグは完全に解凍させ、形を整えてから焼かなくてはなりません。そのため、タネを使う前日には冷蔵庫に移し替えて自然解凍をしてください。

あらかじめ形を整えたタネを冷凍している場合には、冷蔵庫での自然解凍もしくは電子レンジの解凍機能で半分程度の解凍をし、その後にしっかりと火を加えて食べるようにしましょう。

この時、ずっと強火を使うのではなく表面だけ強火で焼き、その後はフライパンに蓋をして弱火で蒸し焼きにしてあげることで、ドリップが逃げ出すジューシーさを保つことができますよ。

ITEM

クックパー クッキングシート Mサイズ

内容量:25cm×5m

¥199〜 ※2018年5月28日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
▼上手な焼き方はこちら!

冷凍ハンバーグの活用レシピ

冷凍しておいたハンバーグも、毎回同じ食べ方では飽きてしまいます。そこで、冷凍ハンバーグを使ったアレンジレシピをいくつかご紹介します。ハンバーグをイチから作ると時間がかかって仕方ないレシピも、冷凍ハンバーグを使うことで、短時間で本格的なメニューが作れますよ!

1 煮込みハンバーグ

子供も大人も大好きな煮込みハンバーグ。食卓にあがった途端、「わぁ~」といった歓声が聞こえてきそうですね。

市販のハンバーグソースやデミグラスソースを使用すれば、冷凍しておいたハンバーグを入れて煮込むだけでできあがり!食べる直前にとろけるチーズをのせればさらに豪華さがプラスされ、素敵なメニューになってくれます。

2 和風きのこハンバーグ

ヘルシーなきのこをたっぷりとのせた、食べ応えのある一品です。めんつゆ、醤油で味付けしたきのこソースに冷凍しておいたハンバーグを入れ、水溶き片栗粉で軽くとろみをつければできあがり!

大葉とたっぷりと大根おろしとともにいただきましょう。きのこと大葉の香りと、ジューシーな肉汁たっぷりのハンバーグが食欲をそそります。

3 ハンバーグドリア

全てイチから作るととても手間がかかるハンバーグドリアも、冷凍しておいたハンバーグを使えばとても簡単に作ることができます。

バターとケチャップを混ぜ合わせたごはんの上に冷凍ハンバーグをのせ、ホワイトソースをかけてお好みでブロッコリーなどの野菜をトッピングして焼けば完成!仕上げにハーブソルトやパセリなどをかけても良いですね。お子様も喜ぶボリューム満点のメニューです。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう