ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

ご飯を冷凍保存するとメリットがたくさん

Photo by 上原花菜

ご飯の劣化を防ぎ、おいしく食べられる

ご飯は炊き上げてから、時間の経過とともに水分が失われ、なおかつ食味と品質が劣化していきます。ご飯を水分と一緒に閉じこめるのが、冷凍保存の良いところ。そのため味がほとんど変わることなく、おいしく食べられるのです。

小分けにすることで、1膳分ずつ食べられる

いまは茶碗一杯分だけのご飯を炊く、調理器具やレシピがありますが、そのたびに手間がかかり面倒なものです。その点、冷凍保存ならご飯を1膳分ずつ、小分けにしておけるので便利。ひとり暮らしや、ひとりランチなどに重宝します。

ご飯をまとめて炊くので経済的

食べるたびに炊飯するより、数回分のご飯をまとめて炊くほうが、電気代やガス代が節約できます。家族がたくさんいる家庭は別にして、ひとり暮らしや少人数のおうちにはうってつけ。わずらわしい炊飯の手間が減るうえ、経済的です。

ご飯をラップで冷凍保存する方法

1. ラップでご飯を包む

Photo by 上原花菜

皿に敷いたラップの上に、茶碗一杯分のご飯をのせます。ご飯を平らに広げて、やさしくかつぴったりと、空気を抜くようにラップで包みます。

2. 粗熱をとって、冷凍庫に入れる

Photo by 上原花菜

ご飯が熱いので粗熱をとります。このときにラップの上から保冷剤をのせると、早く冷えて便利です。ご飯がほんのり温かいくらいまで冷めれば十分。冷凍庫に入れて、しっかりと凍らせます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ