ローディング中

Loading...

おにぎりの具やおつまみに人気のたらこ。ですが、生のたらこは賞味期限が短いのが難点です。しかし冷凍保存して冷蔵より長く楽しめ、料理の幅も広がります!今回は、そんなたらこを冷凍保存するときのコツや注意点、おすすめレシピをご紹介していきます。

冷凍で便利!たらこの保存

温かいご飯とともに食べたり、パスタのソースに使ったり・・・あると何かと便利なたらこ。ですが、タラの卵巣であるたらこは、生もののため、賞味期限が長くありません。おにぎりに、お弁当に、ご飯のお供に、少しずつ時間をかけて楽しみたくても賞味期限が近づくと急いで食べなくてはならず、結局いつも同じような食べ方になっていたりしませんか?

おいしいたらこを買ったけれど食べきれない場合や、お土産でたくさんもらったとき、ぜひ冷凍保存を試してみてください。今回は、たらこを冷凍保存する際の方法や注意点、たらこを使ったおすすめのレシピをまとめました。

もう、たらこを無駄にしない!ぜひ試してみてくださいね。

たらこの保存期間は?

生もののたらこはあまり日持ちしませんが、冷凍した場合とどのくらいの違いがあるのでしょうか?また、解凍した後もどのくらいおいしさを保てるのか気になりますよね。冷蔵庫で保存した場合と冷凍庫で保存した場合の保存期間、そして解凍後の保存期間についてご紹介していきます。

冷蔵庫での保存期間

冷蔵保存のたらこは、購入した時のパッケージに記載のある賞味期限を守って消費しましょう。だいたい1週間から2週間程度が多いようです。

買ってからすぐに食べた方がたらこの風味が良く、時間がたつにつれて味が変化する場合があります。生たらこは早めに食べた方が良いですね。

冷凍庫での保存期間

一般的に、食材を冷凍保存すると冷蔵保存よりは長く保てますが、それでも少しずつ劣化していきます。

たらこを購入した後すぐに冷凍庫で保存した場合は、1か月を目安に食べきるようにしましょう。2か月、3カ月経ってから食べることもできますが、たらこの風味が減ってしまい、購入当初ほどの旨みが感じられない場合があります。保存期間内であっても、極力早めに、新鮮な状態でいただきましょう。

解凍後の保存期間

冷凍したたらこを冷凍庫から出してすぐに食べない場合は、冷蔵保存をしましょう。この場合、生たらこと同様、1週間ほどを目安に食べきってくださいね。ですが、保存期間内であっても味やにおいに変化があった場合は食べるのを控えた方がよいでしょう。

常温保存はNG

たらこは生ものです。常温保存はできないので、購入後はすぐに冷蔵庫か冷凍庫に入れましょう。旅行先などでたらこを購入する場合は、保冷バッグと保冷剤を使って冷やしながら持ち帰ることをおすすめします。

たらこの冷凍の仕方

たらこは冷凍保存した方が長く楽しめることをお伝えしました。それでは、たらこを冷凍する際はどのようにしたら良いのでしょうか。簡単に冷凍できて食べる時に手間のかからない冷凍保存方法をご紹介していきます。

一腹ずつラップに包んで冷凍

たらこは、元々は卵巣の形を保った袋が二つついた状態です。これを一腹(ひとはら)と数えます。

白いご飯と食べることが多い場合や、具体的に解凍後のたらこの使い道が決まっていない場合は一腹ずつラップに包み、チャックの付いているフリーザーバックで保存する方法がおすすめです。大きい塊のまま冷凍したものの、一腹すべては使わないという場合でも、使うときにカットして少しずつ食べられるので良いですよ。

カットして冷凍

おかずなど、そのままではなくおかずとしてたらこを使うことが多い方はあらかじめカットしてから冷凍しておく方法がおすすめです。

おにぎりにも使いやすいですね。この方法で保存しておけば、いざたらこおにぎりを作る際も包丁を使わずに済むため、とても便利です。

こちらも一腹ずつ保存する場合と同様、カットしてからラップで包み、フリーザーバックに入れて冷凍庫に入れるようにしましょう。空気に触れると劣化が進みやすくなるので、フリーザーバックの空気をできる限り抜いてから冷凍庫に入れることがポイントです。

バラ子を冷凍

たらこの皮がなく、卵だけの状態で売られているものをバラ子と呼びます。皮がやぶれたり大きさが不揃いな規格外のものがバラ子として売られている場合が多く、品質は普通のものと変わらないものの、比較的安価で購入することができます。

バラ子は冷凍した状態で売られていることがほとんどです。冷凍してある場合はそのまま自宅でも冷凍庫で保存しましょう。

塊が大きすぎる場合は、カットしてから保存することもできます。あまりにカチカチの状態では包丁が入りにくいので、常温で少しだけ時間を置いてからカットしましょう。この時、放置しすぎると解凍されたものを再冷凍することになり、劣化がすすみやすくなります。包丁が入る固さ程度までやわらかくなったらすぐにカットして再度冷凍庫に入れましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

すぐにできる冷凍庫の収納テク!製氷皿や100均グッズでスペース確保♩

ついつい乱雑になりがちな冷凍庫。手軽にすっきりさせたいという方へ、本日は冷凍庫の簡単収納術をご紹介しちゃいます。すぐにでも真似できるアイデアが目白押しなので、冷凍庫の収納に頭を抱えている方はぜひご参考にどうぞ…

皮と種どうしてる?ぶどうの上手な冷凍保存方法&賞味期限

ぶどう

そのまま食べてももちろんおいしいぶどうですが、冷凍すると長く保存できるだけでなく、甘味が増しておいしく食べることもできます。ぶどうの上手な冷凍保存方法と、保存期間(賞味期限)についてご紹介。ぶどうを買った際に…

箱みかんも長持ち!みかんの上手な保存方法&賞味期限

みかん

食べやすくおいしい果物のみかんですが、箱で大量に購入した際の保存方法はどうしていますか?実がやわらかく傷みやすいみかんの保存はコツをおさえて長持ちさせることができるんですよ。みかんの賞味期限や上手な冷蔵、冷凍…

秋のカルディはエビづくし!エビ好きが泣いてよろこぶ限定商品5つ♩

海老

カルディから、エビを使った新商品が続々と発売されています!牛乳で作る新感覚のインスタントラーメンや、お店レベルの品質の濃厚スープなど、どれをとってもエビの風味たっぷり♩エビの旨味を存分に味わいながら、秋の夜長…

あく抜きいらずで手軽に作れる!小松菜の味噌汁レシピ10選

小松菜 レシピ まとめ

家庭料理で定番の味噌汁。味噌とお出汁がしみておいしいですよね。今回は色々ある具材の中でも小松菜を使った味噌汁の人気レシピをご紹介します!栄養豊富でクセの少ない小松菜はどんな食材とも相性がよく、味噌汁のアレンジ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

アレンジ簡単!栄養たっぷり「粉豆腐」の人気レシピ6選

豆腐 レシピ まとめ

高野豆腐を粉状にした粉豆腐。今回は女性に嬉しい栄養素が入った粉豆腐を使って簡単に作れる人気レシピを6選に絞ってご紹介します。様々なジャンルの料理に使いやすいので、アレンジ自在♩ぜひ万能食材・粉豆腐をご家庭に取…

簡単にスイーツまでできちゃう♪土鍋の活用レシピまとめ

レシピ スイーツ プリン まとめ

冬になると土鍋を食器棚から出すという人もいるのではないでしょうか?なんと鍋料理以外の場面でも土鍋は活用できるんです。スイーツやパンなどの簡単レシピを紹介します。土鍋がせっかく出ているのに、鍋だけではもったいな…

冷凍卵を使ったレシピ7選。もちもちクリーミーな新食感!

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょっと便利なアレンジレ…

簡単ヘルシー!ホイル焼きのレシピはいかが?9選

レシピ まとめ

ホイル焼きというと、「魚のホイル焼き」が浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、実はあんなものもこんなものもホイルに包んで焼くとおいしいんです。そんなレシピを今回はご紹介していきます。

ノンフライでヘルシー♡「野菜チップス」の作り方まとめ

お菓子 レシピ おつまみ まとめ

ダイエット中だとしても何となくポテトチップスが食べたい時ってありますよね…。しかし、市販のポテトチップスは油であげられているので高カロリー!そんな時は揚げない野菜チップスを手作りしてみましょう。ノンフライでヘ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ひと皿で食卓が華やかに!ビーツの基本の食べ方&人気レシピ20選

ビーツ レシピ おしゃれ まとめ

色鮮やかで食卓を一気に明るく彩る「ビーツ」。料理でアレンジするには、ハードルが高い食材に思われがちですが、基本の食べ方を知れば料理の幅も広がりますよ!サラダからスープ、煮込み料理からスイーツまでジャンル別に人…

めんつゆで味付けばっちり!カツ丼の簡単レシピ20選

カツ丼 レシピ まとめ

めんつゆで簡単につくれるカツ丼。ほかにも、ピリ辛味で食べたり、豚肉以外の材料で色々な味でもおいしく食べられます。暑い夏にスタミナ料理として食べたいカツ丼や、育ち盛りの子供達にも喜んでもらえるものなど、人気のカ…

休日は異空間にトリップ♩東京の「フォトジェニックカフェ」15選!

カフェ 東京 おしゃれ まとめ

多くのグルメスポットが集まる東京で、フォトジェニックなカフェが注目を集めています。インテリアやスイーツがとにかくおしゃれで、思わずインスタにあげたくなっちゃう!さっそく人気の15店をご紹介♩おすすめの撮影ポイ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る