傷みやすいたらこも冷凍保存で長持ち!解凍方法とおすすめレシピ

おにぎりの具やおつまみに人気のたらこ。ですが、生のたらこは賞味期限が短いのが難点です。しかし冷凍保存して冷蔵より長く楽しめ、料理の幅も広がります!今回は、そんなたらこを冷凍保存するときのコツや注意点、おすすめレシピをご紹介していきます。

2018年12月4日 更新

冷凍で便利!たらこの保存

温かいご飯とともに食べたり、パスタのソースに使ったり・・・あると何かと便利なたらこ。ですが、タラの卵巣であるたらこは、生もののため、賞味期限が長くありません。おにぎりに、お弁当に、ご飯のお供に、少しずつ時間をかけて楽しみたくても賞味期限が近づくと急いで食べなくてはならず、結局いつも同じような食べ方になっていたりしませんか?

おいしいたらこを買ったけれど食べきれない場合や、お土産でたくさんもらったとき、ぜひ冷凍保存を試してみてください。今回は、たらこを冷凍保存する際の方法や注意点、たらこを使ったおすすめのレシピをまとめました。

もう、たらこを無駄にしない!ぜひ試してみてくださいね。

たらこの保存期間は?

生もののたらこはあまり日持ちしませんが、冷凍した場合とどのくらいの違いがあるのでしょうか?また、解凍した後もどのくらいおいしさを保てるのか気になりますよね。冷蔵庫で保存した場合と冷凍庫で保存した場合の保存期間、そして解凍後の保存期間についてご紹介していきます。

冷蔵庫での保存期間

冷蔵保存のたらこは、購入した時のパッケージに記載のある賞味期限を守って消費しましょう。だいたい1週間から2週間程度が多いようです。

買ってからすぐに食べた方がたらこの風味が良く、時間がたつにつれて味が変化する場合があります。生たらこは早めに食べた方が良いですね。

冷凍庫での保存期間

一般的に、食材を冷凍保存すると冷蔵保存よりは長く保てますが、それでも少しずつ劣化していきます。

たらこを購入した後すぐに冷凍庫で保存した場合は、1か月を目安に食べきるようにしましょう。2か月、3カ月経ってから食べることもできますが、たらこの風味が減ってしまい、購入当初ほどの旨みが感じられない場合があります。保存期間内であっても、極力早めに、新鮮な状態でいただきましょう。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう