ローディング中

Loading...

料理に添えるだけで彩り溢れるパプリカの正しい保存方法、ご存じですか?買ったものの傷めてしまわないためにも、パプリカの保存方法や解凍方法、さらにパプリカを使ったマリネレシピをご紹介します。食卓をカラフルに彩ってくださいね。

パプリカの保存どうしてる?

生のままでも食べられるため、サラダなどはもちろん鮮やかな色合いからお料理のアクセントとしても使われることが多いパプリカ。みなさんは、どのように取り入れていますか?

パプリカはピーマンと見た目が似ていますが、ピーマンよりも肉厚で甘みが強く、青臭さも無いのが特徴です。栄養面では、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEを多く含んでおり、加熱処理をしても壊れにくいのが嬉しいところ。なんとβカロテン、ビタミンCはピーマンの2倍、ビタミンEは5倍もの含有量があるそうです!栄養価が高いことで知られるピーマン以上に、栄養価にすぐれた野菜なんですね。

今回は、健康野菜「パプリカ」の保存方法とおいしいレシピをご紹介します。

冷凍がベスト?

パプリカを保存する際は10~14℃が適しており、冷蔵庫の野菜室が一番適温です。ですが、これはあくまでパプリカを丸々保存する場合です。

スーパーなどで数個ずつ袋詰めされたものを購入した場合、全てを一度に使い切れず、気が付いた時には冷蔵庫の中で傷んでいたといった経験はありませんか?そんな時には、保存期間が長い冷凍保存がおすすめ!冷蔵保存と比べるとシャキシャキ感は減ってしまいますが、グンと保存期間が伸びるため、無駄無く使うことができますよ!

ひと月保存することも可能

パプリカは、冷凍をすれば1ヶ月ほど保存できるお野菜です。一度凍らせるため、みずみずしさとシャキシャキ感は減ってしまいますが、長期間保存ができるため、忙しい方や食材をまとめ買いしている方にとっては嬉しいですよね。冷凍保存の詳しい方法は後ほどご紹介しますので、ぜひトライしてみてください。

ピーマンよりもずっと長持ち

ピーマンと見た目が似ているパプリカですが、ピーマンより優秀な点がたくさんあります。ピーマンに比べて栄養価の含有量が多いことは述べましたが、実は保存の観点でもピーマンより優秀で、長く保存をすることができます。

また、苦みも青臭さも少ないため、加熱せずにサラダとして食べることもできます。栄養価が高く、保存も利き、レパートリーの幅も広いのであれば、取り入れないわけにはいきませんよね!

冷凍保存の方法

パプリカを冷凍する際は、丸ごと保存すると萎んでしまうため、カットしてから保存するのがポイントです。

使いやすい大きさにカットして、中の種やワタを取り除き、ペーパータオルで表面の水分を良く拭いてください。種やワタを取り除かないと冷凍後の食感が悪くなりますし、水分がついていると霜がつきやすくなります。良く拭いたらジップ付きの保存袋に入れて冷凍保存します。

調理する際は、解凍すると水分とともに旨味も出てしまうため、解凍せずにそのまま凍った状態で使用してください。

保存期間

冷凍した場合、1ヶ月程度の保存が可能です。カット済みの状態で保存しておけば、少しだけ使いたい場合にパパッと使えてとても便利。調理時間の短縮もできますよ!

常温で保存する方法

パプリカの保存に適した温度は10度~14度とされています。常温で保存する場合は、湿気の少ない冷暗所に置いておくと良いでしょう。

保存期間

常温であれば、1週間程度の保存が可能です。しかし、夏場や湿気が多い季節は傷みやすくなるため、やはり冷蔵もしくは冷凍保存がおすすめです。期間はあくまで目安としてくださいね。

冷蔵で保存する方法

冷蔵庫で保存する場合は野菜室がベストです。メーカーによって多少温度設定は違いますが、冷蔵庫内の温度は5℃前後なので、8〜10℃をキープする野菜室の方が適しています。

パプリカは水分がついていると傷みやすいお野菜ですので、保存する際は水分をしっかり拭き取ることと、通気性を良くすることが重要です。キッチンペーパーで包んでからビニール袋に入れ、密閉せずに軽く口を閉じて野菜室で保存します。

また、カットしてしまった場合は、断面から乾燥していきます。軽く湿らせたキッチンペーパーを一緒に入れておくと、乾燥が防げて比較的長持ちしますよ。

保存期間

カットせずに、丸ごと保存した場合は10日間程度の冷蔵保存が可能です。2週間程度経過しても食べることはできますが、シワシワになったり、栄養価が低下していきます。また、カットしたものは4〜5日しか持ちませんので、早めに食べきるようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スペイン風オムレツ「トルティージャ」のレシピ!簡単な作り方もチェック◎

スペイン オムレツ レシピ

まるでケーキのような「トルティージャ」。日本では、スペイン風オムレツ、スパニッシュオムレツなどの名前でも親しまれており、パーティーやおもてなしにもピッタリな料理なんです!今回は、基本のレシピや上手に作るコツを…

ほの甘くて香ばしい◎「きな粉パン」のレシピ15選

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

作り置きOK!「ミートソース」のレシピ&アレンジ3選

ミートソース パスタ レシピ 作り置き まとめ

子どもから大人まで人気のパスタと言えば、ミートソースですよね。今回は、基本のレシピや簡単なコツ、さらにアレンジレシピもご紹介。冷凍ストックしておくこともできるんですよ◎ おいしいミートソースを作って、いろいろ…

玉ねぎは必須!おいしいステーキソースの作り方&味変テク

ステーキ レシピ

今回は、せっかくのステーキにぴったりのおいしいステーキソースのレシピをご紹介します。家庭に普段からある一般的な調味料を使って簡単にできる作り方です。高価なお肉を用意できなかった時でも、おすすめのステーキソース…

お家で簡単パティシエ気分♩本格「フロランタン」のレシピを詳しく解説!

レシピ

香ばしいアーモンドとクッキーの相性が抜群の「フロランタン」。ケーキ屋さんなどで目にしますが、じつはお家で手作りすることができるんですよ!今回は、本格フロランタンのレシピや、簡単に作れる人気のアレンジをご紹介し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【マナー】カジュアルだけど意外と難しい!?イタリア料理の食べ方まとめ

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

【これが出来たら一流?】接待などで使える日本酒ビジネスマナー5選!

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

マイナス30℃!寒すぎるロシアの暖まる料理4選

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

一度は行ってみたい東京都内の映画バー4選!カクテルも楽しめるお洒落空間

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

知っておくと便利!和食料理の基本「5」選

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

人気のジュエリーブランド「ティファニー」の食器やグラスをギフトに贈ろう♡

女性へのギフトの定番ともいえるティファニー。素敵なジュエリーはいつだって女性の憧れですよね♡今日は、そのティファニーのジュエリー…ではなく、食器やグラスに注目してご紹介します。ギフトにぴったりのアイテムが多い…

スローコーヒースタイルって?KINTOのドリンクウェアに注目

コーヒー

スローで贅沢なハンドドリップコーヒーを自宅でも作ってみませんか?忙しい毎日にホッと一息つける時間を与えてくれる、KINTO(キントー)のドリンクウェアをご紹介します。

第三のミルクと言われる「ライスミルク」を使ったレシピまとめ♪

レシピ ライスミルク まとめ

さらさらとしてあっさりした味わいが特徴の米から作られる「ライスミルク」。低カロリー・低脂肪、そして甘さは控えめなので、料理で牛乳の代わりに使えばヘルシーに仕上げることができます。今回はライスミルクを使ったレシ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る