ローディング中

Loading...

簡単に作れておいしいカレー。スパイスを多く使っているから長持ちすると思っている方も多いのではないでしょうか?実は菌が繁殖しやすい食べ物だったのです。カレーの正しい保存方法は?腐るとどうなるの?カレーをおいしく長く保存する方法をご紹介!

カレーはいつまで保存できる?

大人も子供もみんな大好きなカレー。特に作った次の日のカレーはとろみ感もアップしておいしいですよね。たくさん作って数日連続でカレーという方もいるのではないでしょうか?ですが、気になるのが保存方法です。「こまめに火を通せば常温でも大丈夫」「タッパーに移して冷蔵保存する」「密閉容器に入れて冷凍保存する」などご家庭によって色々な保存方法を耳にしますが、果たしてこれらは正しいのでしょうか。
カレーは2日目が最もおいしい、とはよく聞きますが、実は2日目のカレーは危ないと言われるほど菌が繁殖しやすいのをご存じですか。特に、お鍋に入れたまま常温保存している方は注意が必要!そこで、今回はカレーの正しい保存方法や長持ちさせるコツなどをご紹介します。

常温は危険信号!

実はカレーを常温保存した場合、食中毒を引き起こす菌が繁殖しやすい状態になるのです。一般的な細菌は高温に弱いため、十分な加熱によって殺菌できると言われていますが、なかには加熱しても死滅しない菌も存在するため、十分な注意が必要とされています。
これらの菌は食肉類の牛、豚、鶏肉の中にあるものですが、じゃがいもや人参などの根菜類にも付着しています。加熱されると「芽胞(がほう)」という硬い殻を作り生き延びることが可能で、常温に近い20~55℃になると食中毒を引き起こすほどに増えるそうです。ですが、冷蔵庫に入らない、仕事で忙しくてまとめて作っておく必要があるなど、どうしても常温保存が必要なケースも考えられるかと思います。そういった場合はどうすればよいのでしょうか。

どうしても常温保存する場合には

冬であっても菌の繁殖を招くので基本的には常温保存は控えることをおすすめしますが、どうしても常温で保存したい場合は次の手順で保存するようにします。
1、カレーを十分に加熱します。
2、冷めるまで蓋をせずに置いておきます。
※蓋を取った状態が気になるようでしたら、蓋をずらして被せておきます。
3、冷めたら蓋をして常温で保存します。
※できるだけ冷暗所が良いでしょう。
常温保存をする場合のポイントは「こまめに加熱すること」です。毎日朝、昼、夜の3回、中の具材までしっかりと火が通るまで加熱すると良いでしょう。その際、よくかき混ぜながら全体に火がいき届くようにします。食べる前も同じく、しっかりと加熱してから食べてくださいね。

常温での保存期間

常温保存の場合、保存期間目安は1日程度です。5℃以下の環境ならもう少し保存できる可能性もありますが、夏場や梅雨など気温や湿度の高い時期は1日も持たないこともありますので、注意してくださいね。

冷蔵庫で保存する方法

カレーを美味しく保存するには、冷蔵庫での保存がおすすめです。ポイントは「できるだけ早めに冷まして冷蔵保存すること」。自然に冷めるのを待ってからだと、表面だけ冷めて中が温かい状態になり菌が繁殖しやすくなってしまいます。次の手順で冷蔵保存をするとよいでしょう。
1、桶などに氷を入れた水を張り、その中に鍋を入れて、かき混ぜながら冷まします。
2、冷めたら、ジップ付きの密閉袋やタッパーに入れて冷蔵保存します。
※鍋ごと冷蔵庫に入れても良いですが、冷蔵庫にカレーのにおいが付いてしまう可能性があります。また、じゃがいもは傷みやすので、すぐに食べ切れない場合は取り除いておきましょう。

冷蔵庫での保存期間

冷蔵保存の場合は2~3日程度を目安に食べ切りましょう。すぐに冷蔵庫に入れても、その後はなるべく早く食べることをおすすめします。

冷凍庫で保存する方法

カレーは冷凍すると、具材のじゃがいも、人参がスカスカの食感になり美味しくなくなってしまいます。じゃがいもや人参は冷凍する前に取り除くか、潰してから冷凍するとよいでしょう。冷凍する際は、冷蔵庫で保存する際の手順で冷まし、フリーザーバックかタッパーに入れます。フリーザーバックの空気は抜いて、出来るだけ平らにしてから冷凍しましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ひと手間で豹変!?「大根おろし」の辛みを抑える方法を大検証!

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

ひと月長持ち!豚肉の上手な冷凍保存方法&賞味期限

なにかと色々な料理に使いすい「豚肉」。便利により長く保存するなら、やっぱり冷凍が一番♩気になる保存期間や、味付け肉の保存についてなどのポイントをご紹介いたします。賢くおいしい冷凍保存で、毎日のごはん作りまで楽…

簡単なのに豪華見え!「サーモンマリネ」のレシピをマスターしよう

レシピ

ゴージャスな「サーモンマリネ」は、普段はもちろん、パーティーや特別な日の前菜にピッタリ!とっても簡単に作れるので、もう一品付け足したいというときにもおすすめなんですよ。今回は、サーモンマリネの基本レシピや、人…

ピリッとあと引く!「かぼちゃのひとくちカレーコロッケ」で甘辛ハロウィン♩

かぼちゃ コロッケ カレー おつまみ

秋はおいしい食べ物がいっぱい。なかでも見逃せないのが、ほんのり甘みのあるかぼちゃです。今回はホクホク食感を生かした「かぼちゃのひとくちカレーコロッケ」にしました。カレー味にして、甘みのなかにピリッとあと引く味…

1ヶ月長持ち!りんごをおいしく保存する方法&選び方のコツ

まとめて買ったり、たくさんもらったりすることもあるりんご、どんな風に保存していますか?せっかくのりんごを長持ちさせる保存方法をご紹介します。冷蔵庫や冷凍庫で保存したい場合のやり方や、りんごの賞味期限についても…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【節約】つい無駄にしてしまう薬味野菜の保存方法まとめ

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

健康になりたいなら砂糖はNG?砂糖が及ぼす身体への悪影響『7』選

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

【これが出来たら一流?】接待などで使える日本酒ビジネスマナー5選!

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

激変!狭いキッチンのおしゃれ収納方法!引き出しや棚下に一工夫しよう

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

しゃぶしゃぶに合う意外すぎるお出汁「3」選

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

「レタス○個分の食物繊維!」……で摂れる食物繊維が微量だった現実

サラダ

「1本で、レタス◯個分の食物繊維が摂れる」というフレーズ、一度は見聞きしたことありますよね。でもじつはこれ、少々裏があるようで……。そもそもレタスは野菜の中でもっとも食物繊維が低い野菜のひとつ。ではなぜ、レタ…

連載記事

卵なしで!パクパクつまめる『さんまの香草フライ』の簡単レシピ

さんま おつまみ まとめ

秋はさんまがおいしい季節です。今回は噛むとじゅわっとさんまの旨味が広がる香草フライのレシピをご紹介。パン粉を使うレシピはどうしても卵液や衣が余りがちですが、卵液を使わずに1尾から作れる簡単な作り方を紹介します!

元気をチャージ!「にんにく」をまるごと使用した人気レシピ10選

にんにく レシピ

今回はスタミナ食材「にんにく」をまるごと使用したレシピをご紹介します。おいしいだけでなく、とても高い疲労回復効果が見込めるスーパーフードなんですよ!毎日暑くて夏バテしてしまった…という方は、ぜひにんにくを食べ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る