常温で寝かせたらアウト!カレーの賞味期限は冷蔵庫で上手に延ばす!

おうちで作ったカレーの賞味期限知っていますか?2日目、3日目のカレーはおいしいって本当?知っておいたほうがよいカレーの賞味期限についてご紹介。カレーをおいしく保存する方法や保存期間など、覚えておくとおいしいカレーを食卓に出せますよ!

カレーの保存方法、間違ってない?

子供から大人までみんな大好きなカレー。市販のカレールーを使えば簡単にでき、一度にまとめて作っておけることから忙しい方にも人気のレシピです。そんなカレーですが、みなさんはどのように保存されていますか。お鍋のまま保存しているという方はちょっと危険です。

今回はカレーの賞味期限や正しい保存法、余ったカレーの活用レシピまでご紹介します。

冬でも1日!? カレーの賞味期限

「寝かせた方がおいしい」と聞くと日持ちがしそうな印象のあるカレーですが、実際はそうではありません。常温保存、冷蔵、冷凍と順番に見ていきましょう。

常温保存した場合

常温保存した場合、朝、晩火を入れ直せば多少は大丈夫だろうとお鍋を出しっぱなしにしている方も多いのではないでしょうか。

常温保存の場合、冬場でも賞味期限は1日~1日半程度と考えてください。夏場や湿度が高い時期であれば、なんと半日程しかもちません。雑菌が繁殖しやすい梅雨時期は、食中毒の発生リスクも高まりますから、この時期は冷蔵もしくは冷凍での保存がベスト。

どうしても常温保存をする場合には、最低でも1日1、2回、できれば3回、全体にしっかりと火を通してくださいね。また、温め直したカレーについては、すぐに蓋をせずに、しばらく蓋をずらし、粗熱を取ってから保存しましょう。

すぐに蓋をしてしまうと中心部分が温かいまま保存してしまうことになり、菌が繁殖しやすい環境をつくってしまいます。寒い時期であれば、朝昼晩と火を入れれば、翌日まで常温保存が可能です。

冷蔵保存で2、3日

すぐに食べきれない場合やしばらく保存したい場合は、冷蔵保存しましょう。ただし、冷蔵庫でカレーを保存する際は、お鍋のままでの保存はやめましょう。お鍋は密閉度が低く、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
<冷蔵保存の仕方>
カレーを冷蔵保存する際は、小分けにできる容器やジップ付き保存袋を用意します。密閉度の高いもので保存しましょう。また、冷蔵保存する際は、カレーがしっかりと冷めてからでないと、細菌の繁殖の原因になりますから注意してくださいね。
<冷蔵した場合の保存期間>
冷蔵保存した際のカレーの賞味期限は2~3日です。これを過ぎるとカレーが傷み始めるため、食べる際は事前に見た目やニオイを良くチェックしてください。

冷蔵庫で保存していたカレーを食べる際は、タッパーのまま電子レンジにかけるか、ジップ付き保存袋の場合は、お皿に入れ替えてから電子レンジにかけましょう。尚、電子レンジで温める際は必ずラップをしてくださいね。

長期保存は冷凍で

カレーをより長く、安心して食べるには冷凍保存がおすすめです。常温や冷蔵保存と比べると保存期間がグンと伸びるため、ストックしておけばいざという時に役立ちますよ。

冷凍保存の仕方

冷凍保存する際は、1回分ごとに保存容器やジップ付き保存袋に入れて冷凍しましょう。冷蔵保存の時同様、カレーがしっかりと冷めてから保存するようにしてください。また、カレーをできるだけ平らにし、急速冷凍しましょう。

冷凍保存は細菌の繁殖の心配が少なく、長期保存が可能なのでおすすめです。

冷凍時に気をつけたいカレーのジャガイモ

カレーに欠かせない具材のひとつ、ジャガイモ。ジャガイモを入れたまま冷凍すると、ジャガイモから水分が抜けてパサパサになってしまいます。ジャガイモが入ったカレーを冷凍保存する際は、保存する前にジャガイモを取り出してからフリーザーバックなどに入れましょう。

食べるタイミングに合わせてジャガイモを茹でる、または電子レンジで加熱して加えればジャガイモのほくほくとした食感を損なわずにいただくことができます。冷凍前にカレーから取り出したジャガイモは、すり潰してコロッケなどにアレンジすることもできますよ。

保存期間

冷凍したカレーの保存期間はおよそ1ヶ月。これだけ長く保存できれば、普通に食べるだけでなく、アレンジレシピにも活用できますね。

解凍方法

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう