ネットで賛否両論の「納豆カレー」

皆さんは、カレーをアレンジする際どのようにして食べますか?カツといった揚げ物をのせてみたり、うどんにしてみたり……とアレンジが豊富ですよね。

そんななか、巷でちょっとした話題になっているのが、納豆カレー。文字通り、カレーに納豆をのせたものなのですが、これがどうやらとてもおいしいと評判のようなのです。

一体どのような味がするのでしょうか。別々に食べたらよいものを、なぜあえてミックスしてしまうのでしょうか。そんな疑問に迫っていきます。

結局、納豆カレーはおいしいのか?

納豆にカレー・・・なんだか不思議な組合せですが、本当においしいのでしょうか。ネット上の意見を簡単にまとめてみました。

ネット上の賛同意見

・「納豆カレーを知らないなんて人生損をしている」
・「普通のカレーよりもおいしい」
・「一度食べるとやみつきになる」

など、称賛する声も多々上がっています。賛成派の意見としては、納豆を入れることでコクが増すのだそうです。60~100円前後の納豆をプラスするだけで、奥深い味わいのカレーになるのなら、とても経済的ですよね。

ネット上の否定意見

・「どちらもおいしいけど、あえて一緒に食べる必要はない」 ・「悪くはないが、大絶賛というほどでもない」 ・「そもそも納豆が苦手」 反対派の意見としては、そもそもの納豆が苦手だという人や、せっかく個々はおいしいのだから、あえて混ぜる必要はないのでは?といった声が目立ちました。

ココイチの納豆カレーが人気

賛否両論分かれるところではありますが、なんと大手カレー専門店「COCO壱番屋」(通称:ココイチ)でも納豆カレーを販売しており、これが非常に人気を呼んでいるのだそうです。いかに納豆カレー賛成派が多数存在しているのかが分かりますね。 ココイチファンの間では、納豆カレーは「ダークホース」と言われており、ほうれん草とチーズのトッピングとの相性が抜群。とてもクリーミーでおいしくなるのだとか。辛さも調節できるので、納豆好きな方はぜひ一度試していただきたい、おすすめのメニューです。

相性抜群?納豆×カレーのアレンジレシピ10選

1. スパイスから作る。本格派の豆乳納豆カレー

市販のカレールウを使わずに、スパイスで作る本格的な納豆カレーです。豆乳が入っているので、スパイシーさのなかにまろやかさもあります。辛いものが苦手な方は、ガラムマサラの量を減らし、はちみつの量を増やしましょう。匂いが少ない納豆を使えば、納豆が苦手な方でもおいしく食べられますよ。

編集部のおすすめ