日持ちするポイント

カレーは冷凍すると、具材のじゃがいも、人参がスカスカの食感になりおいしさが半減してしまいます。じゃがいもや人参は冷凍する前に取り除くか、潰してから冷凍するとよいでしょう。

冷凍庫での保存期間

冷凍保存の場合でも、1ヵ月程度を目安に食べ切りましょう。冷凍庫に入れてしまえば、あまり賞味期限を気にしなくても大丈夫と思ってしまいがちですが、やはり冷凍している間も劣化は進みますので、なるべく早く食べきる方がよいでしょう。

おすすめの保存容器

カレーはにおいが移りやすい為、1食分ずつ保存容器にいれて保存するのが良いでしょう。おすすめの保存容器はタッパー・耐熱ガラス保存容器、フリーザーバック、製氷機です。それぞれどのように保存すれば良いのかご紹介します。

タッパー・耐熱ガラス保存容器

ポイントは、なるべく空気が入らないようにすること。空気が入ってしまうと風味が落ちてしまいます。
1、タッパーにラップを被せる。 2、カレーを入れる。 3、空気が入らないようにラップで包む。 4、蓋をしっかりと閉めて冷蔵庫(冷凍庫)で保管する。
耐熱ガラス保存容器であれば、そのままカレーを入れても容器の臭い移りをある程度抑えることができます。

フリーザーバッグ

フリーザーバッグはカレーを薄く広げて保存出来るため、短時間で冷やすことができておすすめです。無駄なスペースを取らないところもよいですね。ポイントは「しっかりと空気を抜くこと」です。
1、袋を半分くらい折り返します。 2、カレーを入れます。 3、袋を戻して薄く平らにし、空気を抜いて袋を閉めます。 4、冷蔵庫(冷凍庫)で保管します。

製氷皿

製氷皿の場合のポイントもなるべく空気が入らないようにすることです。アルミホイルで包んでから冷凍すると早く凍らせることが出来ます。
1、スプーンでカレーを製氷機に入れます。 2、空気が入らないようにラップをします。 3、冷凍庫で保存します。
解凍する場合は必要な量だけ、レンジで解凍してから鍋でもう一度温めましょう。
Photos:2枚
カレーを常温で保存したい
製氷機を使って保存
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS