牛肉を買うならコストコ!ブロックやステーキなどコスパ最強の大人気商品17選

会員制の大型スーパー「コストコ」。まるでアメリカの倉庫のような大きな売り場には、圧倒的な安さと品質を誇る商品が並んでいますが、今回はそのなかの「牛肉」に注目してみましょう。各部位ごとの特徴と、おすすめレシピをご紹介していきます。

コストコの牛肉はコスパ最高!ボリューム満点!

コストコの外観

Photo by Jonathan Weiss / Shutterstock.com

カウボーイの国アメリカは、牛肉大国です。日常的に、ステーキを始めとする牛肉を使ったお料理を食べる人が多く、コストコでは多くの種類の牛肉が販売されています。なかには日本のスーパーでは手に入らない種類のお肉もあり、しかも圧倒的なボリュームとコスパの良さが魅力です!
今回は、そんな大量買いにもってこいのコストコの牛肉をまとめてご紹介したいと思います。それぞれおすすめのレシピも紹介している商品もあるので、実際におもてなしする際の参考にしてみてください。記事を読み終わる頃には、あなたもコストコに行きたくなっているはずですよ。

まずはこれ!バーベキューに最適な牛肉4選

まずはじめにご紹介するのは、バーベキューをするときにおすすめしたいコストコ牛肉。アメリカ産の牛肉については、BSE問題やホルモン剤の使用などで安全性に不安を感じている人も少なくないようですので、アメリカ牛肉の安全性についてすこしお話しします。
アメリカでは、1997年に肉骨粉の飼料への使用が禁止され、2005年には危険部位を除去した骨なし牛肉のみ日本への輸入が再開されました。2013年2月からは、月齢30か月未満と証明された牛肉および、牛肉製品が輸入可能になっています。そのため、現在のアメリカ産牛肉は、安全性が高いと言えるのです。
さて、それでは、バーベキューに最適なコストコの牛肉をご紹介していきましょう。

1.プライムビーフ サーロイン ニューヨークカット

3枚~4枚約650g/7,480円(税込)
100gあたり約115円

出典:楽天市場

3枚~4枚約650g/7,480円(税込)
100gあたり約115円

カットされたお肉の断面をマンハッタン島に見立て、分厚く切られたお肉のことを「ニューヨークカット」と呼びます。USDAプライム(米国農務省の最上級クラス)の認定を受けている、アメリカ産の最高級肉です。ほどよく脂があり、スジ切りをしています。ステーキ、バーベキューにぴったりのお肉です。
2016年12月22日現在は、残念ながら在庫の取り扱いがございません。気になる方は、入荷を心待ちにしましょう。

おすすめのレシピは?

ニューヨークカットのように、分厚くカットされた牛肉をいただくときは、断然ステーキがおすすめ!しかし、ステーキっていざ自宅で作ろうとすると、どのように焼いていいか悩んでしまうものですよね。
そのような方は、下記のmacaroni記事をご覧ください。下ごしらえの方法から、レアやミディアムなど焼き加減別の焼き方、焼くときの注意点までまとめていますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

2.USAプライムビーフ 肩ロース焼肉

1,600g/4,870円(税込)
100gあたり約304円

出典:楽天市場

1,600g/4,870円(税込)
100gあたり約304円

ステーキ、焼肉、煮込み料理など、幅広いお料理に使えて、コストパフォーマンスが高い商品です。スジ切り処理済みなので、調理がしやすいですよ。数人でのバーベキューパーティーにちょうど良い量ではないでしょうか?他の部位や野菜と組み合わせて、召し上がってもおすすめです。

3.USAビーフ リブ フィンガー ショートリブVP

2kg前後/4,860円(税込)
100gあたり243円

出典:楽天市場

2kg前後/4,860円(税込)
100gあたり243円

リブ(rib)は肋骨の意味で、ショートリブは焼肉屋さんでは「中落ちカルビ」や「骨付きカルビ」に使われる、おなじみの部位です。別名を「ともばら」とも言い、背中とお腹の間で、体の中心部の部位になります。焼肉やステーキ以外に、しゃぶしゃぶにも使われます。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう