5. できあがり

お好みで黒こしょう(分量外)をふって召しあがれ。オーブンによって焼きあがりが微妙に異なるので、お好きな焼き色になるように調節してください。

最近は「ピザ生地コース」のあるホームベーカリーがあります。ない場合は、菓子パンやちぎりパンを作るときの「パン生地コース」でOK。生地の仕上がり時間は、機種やコースによって違いがあるので、説明書で確認してくださいね。

クリスピータイプの生地の作り方

ご紹介したピザ生地は、「アメリカンクラスター」や「パン生地」と呼ばれる日本で馴染み深いタイプ。「イタリアン」や「ミラノ風」などのクリスピータイプは、薄力粉と強力粉の割合を1:1にして、薄くのばしてくださいね。サクサクと軽い食感に仕上がりますよ!

ピザ生地は冷蔵・冷凍保存が可能

ホームベーカリーにおまかせとはいっても、生地を手作りすると発酵に数時間かかるのが難点。また、作った生地は余ることがありますよね。このふたつの悩みは、生地の冷蔵・冷凍で解決できますよ。

冷蔵保存の場合

丸めた生地をボウルに入れ、濡れふきんを上にかけます。ボウルにラップをし、ポリ袋で包めば2〜3日は保存できます。早めに生地を作って冷蔵保存すれば、食べたい時間に合わせて焼きたてを食べられますよ。

冷凍保存の場合

冷凍保存の場合は、3つの方法があります。

1. 丸めて保存

生地を丸めて表面にサラダ油をうすく塗り、ぴったりとラップで包んで冷凍用保存袋に入れ冷凍庫へ入れます。1か月ほど保存可能です。解凍は、前日に冷蔵庫に移しゆっくりとおこないましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ