アレンジ自在のピザ生地作り。ホームベーカリーを使った人気レシピも♪

ピザ生地を作りたいというとき、発酵や手捏ねが難しいですよね。ホームベーカリーを使うと、アレンジもしやすいので色々なレシピを試すことができますよ。もちもちなもの、クリスピーなもの、お好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

2017年12月24日 更新

ピザ生地は冷蔵・冷凍保存が可能

ホームベーカリーにおまかせとはいっても、手作り生地は発酵に数時間がかかってしまうのが難点。早く食べたいけど、できあがるのはいつのことやら……、そして作った生地が余っちゃった、ということも。このふたつのお悩みは、冷蔵・冷凍で解決できますよ。

冷蔵保存の場合

丸めた生地をボウルに入れ、濡れふきんを上にかけます。そして、ボウルにラップをして上からナイロンの買い物袋で包めば2〜3日は保存できます。早めに生地を作って冷蔵保存しておけば、食べたい時間に合わせて焼きたてを食べられます。
あらかじめ生地を用意しておき、パーティーの時にみんなで生地をのばしてお好きな具材をトッピング、焼き立てを食べるのも楽しいですよね。また、冷蔵庫でひと晩寝かせると低温発酵が進むので、もちもち感が増すという嬉しいおまけもあるんですって。

冷凍保存の場合

冷凍保存の場合は、3つの方法があります。
【1】生地を丸めて表面にサラダ油をうすく塗り、ぴったりとラップで包んで冷凍用保存袋に入れておけば1か月ほど保存可能です。解凍は前日に冷蔵庫に移しゆっくりとおこなってください。
【2】ピザ型に成型してから冷凍する方法、平たくのばし表面に薄くサラダ油をぬってラップでぴったりと包みます。冷凍保存袋に入れ、2週間まで保存が可能です。使う時は解凍いらず、そのままソースや具材をのせて焼けるので便利ですよ。オーブンの火力が弱い場合は解凍してから、または生地だけを軽く焼いてから使うのがおすすめです。
【3】軽く焼いてから保存する方法です。生地をピザ型にのばし、オーブンやフライパンで軽く焼いてからぴったりとラップに包み冷凍保存用袋に入れます。市販冷凍食品のピザ生地がこのタイプですが、家庭で作る場合は1週間程度で食べきってくださいね。

クリスピーやナポリ風も♩生地レシピ5選

イーストいらずのクリスピー生地

サクッと軽い口あたりで人気のクリスピー生地。イーストなし、強力粉だけで簡単に作れるレシピです。材料をこねて30分寝かせたら、あとはソースと具材をのせてオーブントースターで焼くだけ。気軽な気持ちでチャレンジしてみてください。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう