2. 成形して保存

平たくのばして成形し、表面に薄くサラダ油をぬってラップでぴったりと包みます。冷凍用保存袋に入れ、2週間保存が可能です。

使うときは解凍せず、そのままソースや具材をのせて焼いてください。オーブンの火力が弱い場合は、冷蔵庫で解凍してから使うか、生地だけを軽く焼いてから使うのがおすすめです。

3. ピザ生地を焼いて保存

ピザ生地を成形し、オーブンやフライパンで軽く焼いてからぴったりとラップに包み冷凍保存用袋に入れましょう。市販冷凍食品のピザ生地は、このタイプです。家庭で作る場合は1週間程度で食べきってくださいね。

クリスピーや発酵不要も!ピザ生地レシピ6選

1. イースト不要。サクサクピザ生地

Photo by macaroni

ベーキングパウダーを使う発酵不要な、時短ピザです。フライパンで焼けるので、とても手軽に作れますよ。これなら生地作りに自信がない人も、チャレンジしやすいですね。具材を変えてアレンジができるので、お好みのもので作りましょう。

2. 材料たった4つ。簡単ピザ生地

ドライイーストやベーキングパウダーがなくても大丈夫。こちらのレシピなら、本格的なピザ生地が作れますよ。材料を合わせてしっかり捏ねたら、冷蔵庫で30分寝かせるだけ。これならピザを食べたいときに、手軽に作れますね。

3. サクサク!全粒粉入り風味のよいピザ生地

強力粉に、全粒粉を加えると香ばしさがアップ。風味豊かなピザ生地ができあがりますよ。ベーコンや野菜をたっぷりのせる具沢山ピザにするなら、この生地と相性抜群。お互いのおいしさを引き立てますよ。

4. パリッと軽い。米粉入りピザ生地

米粉入りのピザ生地です。強力粉と米粉を同量ずつ合わせて作ることで、歯切れのいい軽い食感に仕上がりますよ。チーズ、にんにく、黒こしょうとトッピングはシンプルだからこそ、ピザ生地のおいしさを楽しめます。ワインのお供にいかがでしょうか?
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ