おつまみにもパーティーにも!「エンパナーダ」レシピで南米気分♪

南米の家庭料理「エンパナーダ」をご存じですか?パンのような生地に具材をたっぷり詰めた料理で、南米では広く親しまれています。見た目も華やかでおもてなし料理にもぴったり!今回は、各国のエンパナーダと、自宅でも簡単に作れるレシピをご紹介します。

世界にある個性的な包み焼き料理

みなさんは、「包み焼料理」と聞くと、どのようなものを思い浮かべますか。
インドの「サモサ」やイタリアの「カルツォーネ」など、各国で独自に生まれた具材を包んで焼く包み焼き料理が世界にはいろいろとあります。

日本では、日本料理の「魚のホイル焼き(和紙包み焼き)」が思い浮かびますよね。今回は、世界に数多くある「包み焼き料理」の1つである「エンパナーダ」をご紹介します!エンパナーダとはいったいどんなものなのでしょうか。基本の作り方からアレンジレシピまでも一気にお伝えしたいと思います。

エンパナーダとは

エンパナーダとは、具入りのパンやペイストリーのことで、パンで覆う、包む、という意味のスペイン語とポルトガル語の「empanar」が名前の由来となっています。

パイ生地のようなパンの中に、ひき肉やシーフード、野菜やチーズなどが入った、ミートパイ風のお惣菜パンです。中南米諸国では一般的な家庭料理ですが、各国や地域によって名称や形、大きさ、具材、調理方法が異なります。

スペインのエンパナーダ

スペインでは一般的な家庭料理として親しまれています。大きめのパイ皿やタルト型で作り、揚げずにオーブンで焼きます。生地は薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、牛乳、卵などを混ぜてこねた、シンプルなパン生地が一般的なのだとか。

具材はいろいろですが、ツナ、イワシのオイル漬け、チョリソー、ひき肉を玉ねぎやパプリカと炒めたものを、トマトピューレやニンニクと玉ねぎのソースで味付けします。お店で食べる場合、値段は店によって多少異なりますが、1個当たり日本円で200円前後が一般的なようです。

アルゼンチンのエンパナーダ

アルゼンチンでは、パーティの前菜やコース料理、祝祭などで提供されます。小麦粉、ラード、卵、塩などを混ぜたパン生地をオーブンで焼いたものが一般的で、直径15センチ程の餃子のような半月型をしています。

アルゼンチンは世界有数の牛肉消費国で、人口の2倍近くの牛が放牧されています。そのためエンパナーダの具材も主に牛肉を使用しており、クミンやパプリカなどで香味付け、臭み消しをしてオーブンで焼くのが一般的。田舎の祝祭では揚げるところもあるそうです。こちらはスペインのエンパナーダよりも少し高く、日本円で1個300円前後が相場なようです。

エンパナーダ基本のレシピ

それでは、まずは基本のエンパナーダの作り方をおさえておきましょう。

エンパナーダ生地の材料

・ 強力粉 
・ 塩
・ 無塩マーガリン
・ 水(ぬるま湯)

エンパナーダ中身の材料

・ 牛ひき肉
・ 玉ねぎ
・ ニンニク
・ 赤バプリカ
・ レーズン
・ ゆで卵
・ グリーンオリーブ(種抜き)
・ パセリ(みじん切り)

調味料

・ オリーブオイル
・ ☆塩
・ ☆こしょう
・ ☆クミン(粉)

作り方

1. 調味料をよく混ぜておきます。

2. 大きめのボウルに生地の材料を入れ、少しずつ水を入れて耳たぶくらいの固さになるまでこね合わせ、冷蔵庫で30分ほどおきます。生地を適当な大きさに切って直径4~5cmくらいに丸め、乾かないように少し湿らせた布巾をかけておきましょう。

3. 玉ねぎ、にんにく、パプリカはみじん切りにし、レーズンとオリーブ、ゆで卵は細かく刻みます。にんにくは半分に切って潰します。

4. フライパンに油を引いてニンニクと玉ねぎを炒め、あめ色になったらひき肉と合わせ調味料、3の野菜を加えて火が通るまで炒めます。

5. オリーブ、ゆで卵、パセリを加えて混ぜ、おいておいた生地に適量をのせて半分に折って端をしっかりと閉じます。

6. 予熱しておいたオーブンできつね色になるまで焼いたらできあがり!

エンパナーダのアレンジレシピ

1. スペイン風エンパナーダ

特集

SPECIAL CONTENTS