おいしいのに残念!納豆×生卵の食べ合わせは相性が悪いらしい

納豆に生卵をかけて食べると美味しいですよね!朝ごはんにはぴったりの組み合わせ!だと思いきや、実は相性が悪い食べ合わせだということを知っていますか?なぜ納豆と生卵はダメなのでしょうか。今回は納豆と生卵の関係についてご紹介します。

意外と知らなかった!納豆と生卵の関係

食べ物には、食べ合わせというものがありますよね。ある食べ物同士を一緒に食べることで、体にいい効果が出ることもあれば、その逆の効果もあります。意外と身近な食品で、悪い食べ合わせをやっていた!なんてこともよくありますよね。今回は、日本人にとって身近な食品である納豆についてご紹介します。
納豆は、苦手な人もいますが、好きな人は毎食でも食べたいですよね。でも実はそんな納豆にとって食べ合わせの悪い食品は、生卵なんです。生卵も、卵がけご飯に使われたり、ビビンバのトッピングに使われたりと、ご飯とセットになっているメニューがありますよね。「納豆に卵をかけて食べるのが好き!」なんて人も多いのではないでしょうか。
でも、納豆と一緒に食べるのはNGなんです。なぜ納豆と生卵は相性が悪いのでしょうか。今回は、そんな納豆と生卵の関係についてご紹介します。

納豆と生卵はお互いによくない?

納豆は体にいい栄養素がたくさん含まれていますが、その中に「ビオチン」という美肌効果のあるビタミンBの一種があるのをご存じですか?ビオチンはコラーゲン生成を助ける作用や頭皮の血行促進などの効果があると言われており、「皮膚のビタミン」とも呼ばれているものなんです。髪や爪の主成分であるケラチンはコラーゲンから作られているため、ビオチンを摂ることで髪や爪が健康に保たれます。また皮膚の炎症を改善して新陳代謝をアップしてくれるため、美肌効果も期待できます。
一方、生卵には「アビジン」というタンパク質の一種が含まれています。アビジンにはビオチンと強く結合する性質があります。このふたつが結合してしまうとビオチンの吸収が妨げられてしまうのです。アビジンによって、せっかくのビオチンの効果が吸収されることなく体外へ排出されてしまいます。
納豆のビオチンは、生卵と一緒に食べると吸収率が減ってしまうためというのが、納豆と生卵の食べ合わせがNGな理由です。

NGなのは卵白だった!

ただ、生卵すべてがNGというわけではありません。卵には卵黄と卵白がありますが、アビジンが含まれているのは、卵白の部分だけなんです。卵黄には含まれていないため、どうしても納豆には生卵をかけて食べたい!という人は、卵白を取り除いて食べれば大丈夫です。

半熟卵にすれば卵白もOK!

さらに、生の卵白に含まれるアビジンは、熱に弱いんです。加熱することでアビジンの働きを抑えることができるため、加熱して食べるようにすれば、納豆との食べ合わせに卵白を入れてもOKなんです。加熱も、半熟くらいになれば大丈夫です。とろりとした卵の食感も残しつつ、美容効果も損なわない食べ方をおすすめします。
とはいえ、ビオチンは腸で作ることのできる栄養素です。生卵をよほど食べ過ぎるなんてことがなければ、絶対に食べてはいけないというわけではありません。たまに食べるくらいはいいのではないかと思います。

まだある!食べ合わせNGな組み合わせ

食べ合わせの悪い組み合わせは、まだ他にもいろいろあります。日頃一緒に食べていないか、チェックしてみましょう!

トマト×きゅうり

サンドイッチやサラダの定番ですが、きゅうりに含まれるアスコルビナーゼという酵素がトマトのビタミンCを酸化させてしまいます。

ラーメン×ライス

好きな人にとっては、とてもおいしい組み合わせかと思いますが、どちらも炭水化物をエネルギーに変えてくれるチアミン(ビタミンB1)が含まれていないため、糖質の代謝が悪くなり、疲れやすくなります。見た目からわかるように、肥満の原因にもなりますね。

わかめ×ネギ

特集

SPECIAL CONTENTS