朝の食卓の大定番!牛乳は体に悪いってうそ?ほんと?

古くから栄養豊富で健康にいい、と言われてきた牛乳が体に悪いと言われ始めていることをご存じですか?給食などでも毎日のように食卓にのぼる牛乳が、体に悪いとはにわかには信じられないですね。牛乳が体に悪いというその背景はどこにあるのでしょうか?

牛乳は体に悪い?

牛乳といえばカルシウムを筆頭に、豊富な栄養素を持つ飲み物の代表ですね。学校の給食でも毎日のように出てきたものです。背を伸ばしたいこどもが牛乳をたくさん飲むのもおなじみの光景です。ところが、最近、牛乳は体に悪いという意見が注目されていることをご存じですか?
牛乳は健康にいいとされる身近な飲み物です。とくに小さなお子様は口にする頻度が高いものですから、“体に悪い”と言われるとこどもを持つお母さん方はドキッとしてしまいますね。
牛乳は古くから世界中で飲まれてきたもので、古代メソポタミアの壁画には牛乳を搾る様子が描かれています。日本でも飛鳥時代には薬として珍重されてきたといいますから、牛乳が健康にいいとされてから相当の歳月が経っています。そんな牛乳が体に悪いと言われるようになった背景にはどんな経緯があるのでしょうか。

なぜ牛乳は体に悪いと言われているの?

牛乳が体に悪いと大々的に言われ始めたきっかけは、2005年発行のベストセラー本だと言われています。それまでも、牛乳が健康によくないとされる説はぽつぽつとあったものの、胃腸内視鏡の外科医が著書のなかで、“牛乳が体に悪い”と主張したことから注目を集めるようになったのです。
ベストセラー本になったことで、筆者がテレビなどのマスコミに取り上げられる機会も多くなりました。なかでも“牛乳が体に悪い”という主張は、それまでの常識をくつがえす衝撃的な内容だったためひんぱんに取り上げられました。
また、その数年前、聖書に次ぐベストセラーと言われている育児書の改訂版のなかでも、乳製品は2歳以降は必要ないと訂正されました。この育児書の著者自身が体調を崩し、乳製品を含むすべての動物性食品の摂取をやめるマクロビオティックを実践したことで、体調が回復したため、人間には動物性たんぱく質は不要とする考え方に変わったことが原因だと言われています。
マクロビオティックは牛乳のみならず、すべての動物性食品を必要ないと考えており、著者は牛乳だけが体に悪いと言っているわけではないのですが、支持者の多い育児書の著者が提言したことによって、その反響が大きかったのです。

実際のところはどうなの?

実は現在、牛乳が体に悪いとする研究報告はなされていません。科学的根拠がないのです。そのため、現在では、牛乳は“体に悪い”とする側と“健康にいい”と主張する側が真っ向から対立している状態なのです。
牛乳が体に悪いという主張のなかには、牛乳自体が人間の体にそぐわないという意見があります。そもそも、牛乳は母牛が子牛を育てるための母乳です。牛乳は牛を育てるために有効な成分を備えていて、それを最大限有効に利用できるのは牛であり、異種生物である人間はそれを享受できない、という意見です。
また、実際に臨床現場に携わる医師や研究者の主観として、日常的に牛乳や乳製品を摂るひとの腸相がよくない、という意見もあります。腸相とは腸の見た目の状態のことを言いますが、大腸内視鏡検査をすると牛乳を常食しているひとほど腸相がよくない、といいます。

ヨーグルトは?

牛乳が体に悪いというならば、乳製品であるヨーグルトはどうなのでしょうか。ヨーグルトは牛乳に乳酸菌などを加えて発酵させた食品で、消化吸収率が高くなったり、腸の調子を整える効果があるため、大人でも積極的に摂っている食品ですね。
牛乳が体に悪いと主張する医師や研究者は、ヨーグルトもまた、健康にいいとは言いません。ヨーグルトが腸の調子を整えるのは乳酸菌の働きだと言われています。しかし、乳酸菌は人間の体内にも常在していて、体外から取り入れた乳酸菌は除外されてしまうという説があります。

牛乳は骨をもろくする?

牛乳の栄養といえば、カルシウムを思い出すかたも多いことでしょう。カルシウムは骨を形成する重要な栄養素のひとつですが、牛乳を飲むことによって骨を丈夫にするどころか、反対にもろくするという意見があるのです。

特集

SPECIAL CONTENTS