【新発見】ノンアルコールビールが快眠をもたらすとわかった!

快眠ドリンクとして「ノンアルコールビール」が注目を集めています!ただのビールの代わりだと思っていませんか?実は、飲むだけでぐっすり眠れるだけでなく、ダイエット効果や美容効果まであったんですよ。気になるメカニズムや、商品の選び方までご紹介!

2018年10月17日 更新

ノンアルコールビールですっきり快眠!

夜、ベッドへ入る前に、何を飲んでいますか?ホットミルク、ハーブティー、白湯……どれもリラックスして眠るためのスイッチになりますよね。今回、快眠ドリンクとして新たに「ノンアルコールビール」をおすすめします!なぜノンアルコールなのか、なぜビールなのか。どちらも深い理由があるんですよ。

寝る前のアルコールはNG!

晩ご飯でビールを飲んだり、寝る前にテレビを見ながらビールを飲むという人、多いですよね。「ビールを飲むとぐっすり眠れる!」と感じているなら、それは半分正しく、半分間違っています
アルコールには、血行を促進する効果や、不安を抑え緊張をほぐす効果があります。さらに、摂取直後に体温を一気に下げるため、強い眠気を感じやすくなるのです。飲み会で眠くなった、という経験があるのでは?
しかし、アルコールは摂取してから肝臓内で、アセトアルデヒドという毒素に分解され、血中アルコール濃度が高まると、副交感神経を刺激して体温を上げてしまいます。睡眠中に優位に働く副交感神経が刺激されると、睡眠の質が落ちることに。さらに、アルコールの利尿効果によってトイレに行きたくなったり、脱水効果によってのどが渇くことで、夜中に目が覚めてしまい、落ち着いて眠り続けることができないのです。

ノンアルコールビールが睡眠をサポート!

ホップとGABAでリラックス!

ビールの心地よい苦みと爽やかな香りの元である「ホップ」。ビールの味わいを再現するために、ノンアルコールビールにも入っているハーブです。このホップには鎮静作用があるためリラックス効果を期待できます
ホップと同じくビールの原料である麦芽には、GABAというアミノ酸の一種も含まれています。ビールの旨味成分ですね。GABAには、脳を落ち着かせるα波を増やして副交感神経を優位に導き、リラックス状態にする働きがあります。食べるだけでリラックスできるGABA入りのチョコレートが売られていますよね。

安眠をジャマするアルコールが入っていない!

ノンアルコールビールは、質の良い睡眠を保つ副交感神経を刺激することも、利尿作用と喉の渇きで夜中に目覚めることもないので、睡眠を妨げずに安心してホップとGABAを取り入れることができます。アルコールのような依存性もありません。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

でぐでぐ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう