ブラウニーの人気レシピ15選♩意外と簡単な作り方を要チェック!

今回は、ブラウニーの人気レシピを厳選してご紹介します!意外と簡単に作ることができ、外はサクッ、なかはトロ~リ絶品ですよ。ひと口頬張れば、その至福の味に、きっと頬も緩むはず。ブラウニー誕生のきっかけや、ちょっと意外な名前のルーツも必見です。

おうちで「ブラウニー」作りませんか?

しっとりとした食感に、チョコレートの濃厚な味。ブラウニーって本当においしいですよね。アメリカでは「嫌いな子どもなんていない」といわれているほど愛されているお菓子ですが、日本でも嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか?

バレンタインが近づくと作る人も増えますが、クッキーやケーキに比べると、なんだか作られている頻度が少ないような気がします。男性にプレゼントするだけなんてもったいない!実はブラウニーは、もともとは女性のために作られたお菓子なんですよ。

きっかけはシカゴ万博

ブラウニーがはじめて登場したのは1893年、シカゴ万博が開催されたときのこと。シカゴにあるホテルの創業者の奥様が「万博に参加する女性のために、ケーキより小さく気軽に食べられるデザートを作ってほしい」とシェフに頼んだことから生まれたそうです。

当時のブラウニーはアンズ味の砂糖がけがされた、今とは少し違うものだったそうですが、これだけ広まっていったところをみると、きっと大好評だったのではないでしょうか?まさに、女性目線で作られた女性のためのスイーツだったわけですね。

名前の由来は妖精という説も

でもどうして、ブラウニーという名前なのでしょうか?
理由ははっきりとはしていませんが「ブラウニーという全身茶色の妖精の名前からとった」と、一説ではいわれています。なんでも人の家に住み着き、夜な夜なこっそりと家事を行ってくれるやさしい妖精さんだそうですよ。

一見地味なブラウニーも、妖精が由来といわれるとちょっとかわいく見えてくるから不思議ですよね。女性のために作られた妖精の名のお菓子、ぜひ自分のために作ってみませんか?

ブラウニーの基本の作り方

材料(18cm角型1台分)

・チョコレート …… 120g
・無塩バター …… 70g
・グラニュー糖 …… 50g
・卵 …… 2個
・薄力粉 …… 60g
・ココアパウダー …… 15g
・ローストクルミ …… 50g

作り方

1. 細かく刻んだチョコレートとバターを湯煎で溶かします。

2. 卵とグラニュー糖を加えて、よく混ぜ合わせましょう。

3. 薄力粉とココアパウダーをふるい入れ、ゴムベラでサックリと混ぜます。

4. 粉気が無くなったらクルミを入れ、オーブンペーパーを敷いた型に流しましょう。

5. 180度のオーブンで、15~20分ほど焼けば完成です。

簡単においしく作るコツは?

ブラウニーはずっとオーブンに入れておくと、チョコレートの風味が飛んでしまします。焼きあがったらすぐに取り出して冷ましましょう。カットするときは冷蔵庫でよく冷やしてから、お湯で温めたナイフで切るとキレイに切れますよ。

さらにおいしくするには、トッピングをするのがおすすめです!シンプルなレシピですので、ぜひ自分好みにアレンジしてみてくださいね。焼きたてアツアツにアイスをのせて、そのままスプーンですくって食べてもおいしいですよ。

徹底厳選!ブラウニー人気レシピ15選

1. かわいいお菓子の空き缶で

ボウルにチョコ、バター、牛乳を入れて電子レンジで溶かします。砂糖と卵を加えてよく混ぜたら、ふるった粉類を入れサックリと混ぜ合わせましょう。生地を缶に流し、ナッツをトッピングしてオーブンで焼いたらできあがりです。

かわいいお菓子の缶って、なんだかもったいなくて捨てられなかったりしますよね。そんなときは、ブラウニーの型として再利用しませんか?そのまま冷やしてリボンをかければ、まるで売り物のようなおしゃれなブラウニーに。紅茶やコーヒー豆を添えて、女子会の手土産にいかがでしょうか?

2. 電子レンジならお手軽簡単

電子レンジで溶かしたチョコに、サラダ油、温めた牛乳、ホットケーキミックスを加えて混ぜ合わせます。型の底を叩いて空気を抜き、電子レンジで固まるまで加熱しましょう。型のまま、冷蔵庫でひと晩寝かせれば完成です。

すぐ食べたいとき、手間がかかるレシピは敬遠してしまいがち。電子レンジで作るこちらのレシピなら、オーブンで作るよりもずっとお手軽に作れますよ。粉もホットケーキミックスを使うので、トッピングを除けば材料はなんと4つだけ!ちょっとしたおやつにぴったりですね。

特集

SPECIAL CONTENTS