あまった甘エビの保存方法

お買い得だった甘エビをたくさん買ってしまった……というとき、ありませんか?そんなときも保存方法をしっかりとしておけば大丈夫。長く楽しむことができますよ。 甘エビは頭がいちばん鮮度が落ちやすい部分なので、まずは頭を切り離します。また、魚でいう内臓にあたる部分の背ワタもキレイに取り除きます。甘エビは身が乾燥しやすいため、殻は調理直前までつけたままにします。 身にしっかりと塩をまぶしておくと、劣化の元となる細菌の繁殖を防ぐことができます。そのままだとしょっぱいので、優しく水洗いをしておきましょう。キッチンペーパーなどで水気をふき取ったら、1尾ずつラップで包みます。冷蔵タッパー、もしくは保存袋に入れて置くとよりおいしく保存ができますよ。

甘エビのレシピ25選

1.甘エビのスープカレー

頭と殻がおいしい甘エビを、余すところなくフルに使ったスープカレーです。甘エビはよく炒めるとさらにおいしいそうですよ。お刺身用の甘エビを使ってもおいしく仕上がりますので、ぜひ作ってみてくださいね。

2.甘エビのエビフライ

見た目もかわいらしいミニサイズのエビフライは、お弁当のおかずやお子様のためのおかずにもピッタリ!尻尾までサクサクと食べられちゃいますよ。油も少しでOKなので、いつものエビフライよりも作るのが簡単です。

3.甘エビの茶わん蒸し

今晩の「あと一品」にぜひ加えたい、茶碗蒸しのレシピ。いつもの茶碗蒸しに甘エビを入れるだけで、ぐんと格上げされますね。コツは、具材のひとつひとつにそれぞれきちんと下味をつけておくことです。

4.アボカドと甘エビのまぜまぜサラダ

具材を切ってまぜるだけのお手軽サラダです!時間もかからずできる上に、作り方も簡単なので、お子さんと一緒に作っても楽しそうですよね。てっぺんにバジルを飾れば、色鮮やかに仕上がります。

5.甘エビでアヒージョ

女性が大好きなアヒージョだって、甘エビを使って作れます。お味噌の芳醇な風味と、海老の殻が香り高くとっても香ばしい!そして、ピチピチな身の食感の調和がたまらないひと品ですよ。もちろん、普通のエビで作ってもおいしく仕上がります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ