ライター : かやのゆみこ

AISO(イタリアソムリエ協会)認定オリーブオイルソムリエ

以前は旅の楽しさを伝える仕事、今は地域や食の魅力を伝える仕事に従事。国内外問わず、その土地ならではの食とお酒を味わうのが大好きです!

イタリア発祥のリキュール「リモンチェッロ」とは

イタリア南部のカンパーニア州で生まれたリモンチェッロは、400年以上もの歴史がある伝統的なお酒。レモンの皮をたっぷりと使ったレモンリキュールで、きれいなレモン色が目にも鮮やかです。

カンパーニア州はイタリアでも有数のレモン産地。さんさんと降り注ぐ太陽のもと、たわわにレモンが実ります。各家庭には自家製のリモンチェッロがあり、まさにマンマ(お母さん)の味なんです。日本の梅酒のような存在といってよいかもしれません。

この地を訪れたバカンス客により、リモンチェッロの魅力はイタリアからヨーロッパ全土へ、そして世界へと広まりました。今ではイタリアの名産品として、世界中に輸出されています。

味わいや度数について

レモンの皮で作るリモンチェッロは、レモンの清々しい風味と甘めの飲み口が特徴です。口に含むと、甘さが感じられるのも束の間、レモン特有の苦味や酸味が口の中に広がり、爽やかで甘い余韻が残ります。糖度が高く、クイクイと飲みやすいリキュールですが、度数が高いので要注意!ウォッカベースで、アルコール度数はなんと30%以上。飲みすぎには気をつけてくださいね。

イタリアでは定番の食後酒

イタリアでは、食事を楽しんだあとの締めに食後酒を飲む習慣があります。リモンチェッロをはじめ、ぶどうの搾りかすを発酵させて作るグラッパやハーブ類から作られるサンブーカなど、種類もいろいろ。一般的に消化促進の効果があるとされています。

さっぱりとした口当たりのリモンチェッロは、口直しの食後酒としてもぴったり。色合いもきれいなので、場を華やかに演出したいときにもおすすめです。お友だちを招いてのお食事会で、締めの一杯としてお出しするのもいいですよ。

手作りできる!リモンチェッロの作り方

リモンチェッロはおうちで簡単に作れます。イタリアでは各家庭によって、作り方や分量はさまざま。基本的な作り方をご紹介します。自分好みにアレンジすることも可能ですよ。

材料(約3L分)

・レモン……10~15個
・スピリタス(ウォッカ)……1L
・グラニュー糖……700~800g
・水……1L

※レモンは皮の部分を使用するので、無農薬でノーワックスのものをご用意ください。

作り方

1. レモンをよく洗い、皮をピーラーで薄くむきます。白い部分は苦味となるので、黄色い部分のみ使用しましょう。

2. 煮沸消毒した瓶に、レモンの皮を入れ、スピリタスを注ぎます。しっかり密閉し、常温で1週間漬け込みます。

3. 1週間後、いったん濾して皮を取り除きます。

4. 鍋にグラニュー糖と水を入れ、火にかけてシロップを作ります。

5. シロップが完全に冷めたら、瓶の中に加え、そっとかき混ぜます。再度、常温で1週間寝かせたら完成です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ