イタリアのマンマの味!「リモンチェッロ」基本の作り方と活用レシピ

今回は、リモンチェッロの基本の作り方と、カクテルやお菓子作りにも使えるおすすめレシピ10選を紹介します。爽やかなレモンの風味が特徴の「リモンチェッロ」は、ビタミンCも豊富なので、美肌効果も期待できますよ。ぜひご家庭で試してみてくださいね。

リモンチェッロとは

「リモンチェッロ」って聞いたことありますか?
レモンの皮をたっぷりと使ったレモンリキュールのことなのですが、爽やかなレモンの香りとスッキリした飲みごたえが、大変人気のあるお酒です。

今日は、リモンチェッロについてもっと詳しくお伝えするとともに、リモンチェッロを使用したおすすめのレシピをご紹介したいと思います。

イタリア発祥のリモンチェッロ

リモンチェッロは、イタリアのカンパーニア州で生まれた、400年以上もの歴史がある伝統的なお酒です。もともとは各家庭の庭で育ったレモンを使って作られた、イタリアのマンマ(お母さん)の味。それがバカンスでこの地方を訪れた観光客により、イタリアからヨーロッパ全土に広められたと言われています。

現在では、イタリアを代表する名産品のひとつとなり、世界中に輸出されるようになりました。一般的には食後酒としてストレートで飲みますが、水割りやカクテルなどにして飲む方法もあるようです。糖度が高く飲みやすい果実酒ですが、ウォッカベースなので、アルコール度数はなんと30%以上。飲みすぎには要注意です。

リモンチェッロの栄養と効果

リモンチェッロの原材料であるレモンには、ビタミンCが豊富に含まれています。美肌効果や疲労回復効果が期待され、免疫力を高めたり貧血の予防にもなるそうです。そしてレモンの皮に含まれるポリフェノールには、抗酸化作用や脂肪吸収を抑制する効果があると言われています。

おいしいだけでなく、体にもいいことずくめ。お酒好きな女性の味方です。

リモンチェッロの作り方

リモンチェッロは、お家でも簡単に作れます。イタリアでは各家庭ごとに作り方も分量もさまざまですので、最も基本的な作り方をご紹介したいと思います。

材料

・空き瓶
・レモン …… 10~15個
・スピリタス(ウォッカ)…… 1ℓ
・グラニュー糖 …… 700~800g
・水 …… 1ℓ

※レモンは皮の部分を使用するので、無農薬でノーワックスのものを準備してください。

手順

1.レモンをよく洗う。
2.レモンの皮をピーラーで薄くむく。白い部分は苦みとなるので、黄色い部分のみ使用する。
3.煮沸消毒した瓶に、レモンの皮を入れスピリタスを注ぐ。密閉し1週間寝かせる。
4.1週間後、いったん濾して皮を取り除く。
5.鍋にグラニュー糖と水を入れ、火にかけてシロップを作る。
6.シロップが完全に冷めたら、瓶に加えそっとかき混ぜる。
7.再度1週間寝かせたら完成。

リモンチェッロのおすすめドリンクレシピ5選

そのまま飲んでもおいしいリモンチェッロ。気分に合わせて、いろいろな飲み方を試してみませんか?

1.はちみつレモン

ちょっぴり喉が痛いときや、なかなか寝付けない夜などは、リモンチェッロ入りのはちみつレモンでほっとひと息しませんか?いつものはちみつレモンに、リモンチェッロをほんの少し加えるだけで、体がポカポカになっちゃいます。お好みで片栗粉を加えると、とろみがついて葛湯っぽくなりますよ。

2.リモンチェッロとガラナのカクテル

特集

SPECIAL CONTENTS