ライター : SATTO

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身、東京在住の主婦です。

料理をするうえで「料理酒」は欠かせない!

料理に欠かせない調味料といえば、塩、砂糖、醤油など、いろいろとありますが、なかでも忘れてはいけないのが「料理酒」です。

「えっ!料理酒って、そんなに重要な調味料……?」と思っている、そこのあなた!その考えは、大きな間違いです。たしかに、特別に風味をプラスしてくれるというわけではありません。しかし料理酒は、さまざまな役割を担っている、料理における影のMVPなんです!

また、料理酒は「酒」ですから、切らしてしまっている場合は焼酎や日本酒などを代用品として使用してもおいしく仕上がるのか、みていきます!

そもそも料理酒にはどんな役割があるの?

肉や魚のくさみをとる

料理酒の役割としてまず第一に挙げたいのが、肉や魚などの生臭さを消すことです。食材を生の状態で料理酒に漬け込むことで、料理酒に含まれる成分でくさみを消すことができます。また加熱の際に加えて、アルコールと一緒にくさみを飛ばすという使い方も。

肉料理や海鮮料理を作るときに料理酒が欠かせないとされているのは、こういった理由があるからなんですね。

仕上がりを早くする

意外と知られていないのが、料理酒を使うことによって調理時間が短縮できるということ。

なぜ料理酒を入れると時間短縮になるのかというと、アルコールの作用でほかの調味料の味が食材に入り込みやすくなるからです。そのため、煮物に役立つのはもちろん、浅漬けを作る際にも使えるすぐれもの!これは、ぜひとも知っておきたい知識ですね。

保存がきくようになる

料理酒を加えることにより、その料理自体の保存性が高くなるということをご存じでしたか?

なぜ完成した料理を放置しておくと腐っていくのか……それは言うまでもなく、菌やバクテリアの仕業。料理の中に潜んでいる雑菌たちが、時間が経つにつれてどんどん増殖するため、料理が傷んでくるのです。

わたしたちは「アルコール消毒」といって、手やドアノブなどにアルコールをシュッと吹き付けますよね。それと同じように、調味料として料理酒を加えることによって、菌やバクテリアの繁殖を抑えることができるのです。

焼酎・日本酒は?料理酒の代用に使うならこの5つ

みりん

料理酒をみりんで代用する場合、気を付けたいのが「本みりん」を使用することです。みりん風調味料」には、ほとんどアルコール分が含まれていないので、料理酒のような効果は発揮できません。みりんの甘みがあるため、砂糖も一緒に使う場合は味をみながら分量を調節するようにしてくださいね。

代用するときは、加えるべき料理酒の量とほぼ同じ量を使いましょう。

日本酒

もともと料理酒ではなく日本酒を使っているという方も多いほど、日本酒は料理の仕上がりをよくしてくれます。食材のくさみがとれるだけでなく、日本酒が持つコクが出てさらにおいしく仕上がるのです。アルコールのにおいが気になるという方は、ふたをせずに沸騰させるとアルコール分を飛ばすことができるので、においがまったく気にならなくなりますよ。

代用する際は、加えるべき料理酒の量と同じ量を使いましょう。

編集部のおすすめ