ワイン

洋風の料理では白ワインを使うことも珍しくありませんが、和食だと白ワインの種類によっては酸味が目立ち、合わないものもあります。白ワインで代用する場合は、クセがない比較的安価なものを使用し、アルコール分をしっかり飛ばすようにしましょう。

代用する際は、加えるべき料理酒の量と同じ量を使いましょう。

焼酎

焼酎は、基本的に料理酒の代用には向いていません。焼酎には「甲類」と「乙類」の2種類が存在し、甲類は蒸留を何度も重ねるため味がなく、乙類はクセが強く独特の味わいを持っているのが特徴です。どうしてもほかに代用できるものがない場合は、だしを少々多めに加えるのがおすすめです。

料理酒よりもアルコール度数が高いため、本来加えるべき料理酒の量よりも少なめにしましょう。

ビール

ビール煮という料理もあるくらい、料理酒の代用として十分に使用することが可能です。特に肉料理に使用するのがおすすめで、コクが出て肉がやわらかくなりますよ。料理酒や日本酒などと同様に、食材のくさみを消すこともできます。

代用する際は、加えるべき料理酒の量と同じ量を使いましょう。

料理酒はなくてもいい?

料理酒に代用できる調味料をご紹介しましたが、レシピから料理酒をなくすだけで対応することも可能です。肉や魚のくさみ消しには、しょうがやにんにくなどの香味野菜、こしょうやカレー粉などのスパイスが役立ちます。コクを出すなら、はちみつやだしの素をプラスしてみてはいかがでしょう。

代用料理酒でおいしく作れるレシピ5選

1. お弁当に便利。魚肉ソーセージと豆腐のハンバーグ

Photo by macaroni

ひき肉の代わりに魚肉ソーセージと木綿豆腐を使うハンバーグです。みりんやウスターソースで作るソースを絡めることで、コクが出て甘じょっぱいハンバーグができあがります。小さく作ってお弁当に入れたり、手のひらサイズに作ってガッツリいただいたりと、サイズを変えておいしくいただきましょう♪

2. 焼酎で作る!豚スペアリブ

味付けは焼酎、めんつゆ、ポン酢しょうゆだけ!圧力鍋を使ってじっくりと保温調理することで、やわらかくてしっかりと味がしみ込んだ、とてもおいしいスペアリブができるんです。大人数でパーティーをするときにもおすすめですよ♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ