ライター : SATTO

グルメライター

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身のグルメライター。みなさんに、たくさんの素敵な情報をお届けします♪

いぶりがっこが今キテいるらしい!

日本にはその土地に縁のある人にしか分からないような、ご当地グルメがたくさんあります。地元の人にとっては古くから親しみがあるものでも、縁のない人からすると名前する聞いたことがないような食べ物という場合も珍しくはありません。 そんなご当地グルメのひとつ「いぶりがっこ」が今じわじわと来ているのをご存じですか?いったいどのような食べ物なのでしょうか。

いぶりがっことは?

「いぶりがっこ」とは、秋田県発祥の漬け物の一種です。寒さの厳しい東北地方の秋田県にて、いぶりがっこの原材料となる大根が凍ってしまうのを防ぐため、大根を囲炉裏の上に吊るして燻製にし、米ぬかで漬け込んだもののことを言います。秋田の方言で漬物のことを「がっこ」と呼ぶことから「いぶりがっこ」という名前が付けられたそうです。

たくあんと同じく大根の漬け物ではありますが、たくあんとはまた違った独特の風味が楽しめるのが特徴です。噛めば噛むほど風味や香りが口の中に広がり、食感も独特。ご飯やお茶うけとしてはもちろん、お酒の肴としてもおすすめです。

そんな秋田のご当地グルメとして県民に愛されていた「いぶりがっこ」は、テレビ番組の影響で全国的に名前が知られ、秋田県民でなくても食べたい!という人が続出しているんですよ。

いぶりがっこは家庭で作れる?

本来いぶりがっこは、大根を囲炉裏の上や燻し小屋と呼ばれる燻製にするための小屋に吊るして作ります。2~4日間かけて、絶えず焚き火干しすることによって、ようやくいぶりがっこが完成。家庭で実践するのはむずかしい方法ですね。

しかし、燻製器があれば家庭でも気軽にいぶりがっこを作れますよ。燻製器がない場合は、鍋やフライパンなどで代用してもOK。本来の作り方と違い、数時間で燻製にすることができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

自家製いぶりがっこのレシピ2選

1. 鍋を使って。簡単いぶりがっこ

市販のたくあんを使えば、簡単にいぶりがっこを作れますよ。燻製器ではなく鍋で作るという気軽さも嬉しいですね。ほのかな甘みとスモークチップのいい香りが楽しめます。はじめていぶりがっこを作るという方におすすめのレシピです。

2. 燻製器で。本格いぶりがっこ

大根をしっかり干して燻製器で作る、本格的ないぶりがっこにチャレンジしてみませんか。薫製ができあがったら、お好みの塩分濃度になるまでぬか床に漬けましょう。さまざまな燻製用チップで試して、風味の変化を楽しむのもおすすめ。

いぶりがっこはどこで買える?

いぶりがっこは、秋田県ならスーパーや道の駅など、さまざまな場所で購入できます。現地へ行く機会がない場合は、アンテナショップでも購入可能ですよ。アンテナショップなら、スライスされていないいぶりがっこを1本まるごと購入できるかも♪

また、店舗にもよりますが、全国のスーパーでも取り扱っているようですので、ぜひお近くのスーパーでも探してみてくださいね。

そのほか、通販でお取り寄せするという方法もあります。さまざまないぶりがっこを購入し、食べ比べてみるのもいいですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ