下処理が鍵!「なめこ」のおいしい食べ方&絶品なめこ汁レシピ

独特のぬめりが特徴のなめこ。お味噌汁などを中心に、食卓にあがることも多いですよね。しかしなめこの正しい調理法をご存じですか。なめこは洗った方がいいのか?なめこの正しい食べ方や保存期間、おすすめの使い方レシピまでなめこの魅力たっぷりです!

2018年12月4日 更新

4. きのこおろしうどん

そばもよいけれど、うどんにももちろん合う、なめこと大根おろし。温かいものにも、冷たいものにもおすすめです。ネギもたっぷり入れると、薬味の風味いっぱいで食欲がどんどん増していきそうですね。お餅やエビ天などボリュームを加えてもぺろっと食べてしまえそうです。

5. 和風煮込みハンバーグ

ハンバーグのトッピングとしても人気の大根おろし。煮込み汁になめこを加えると、ハンバーグのお肉となめこおろしを一緒に食べられます。味のしみたハンバーグ、大根おろしをご飯の上にのっけて、上からなめこいりのお汁を回しかけて食べるのもおいしそうですね!

正しい下処理でおいしく食べよう!

ぬるぬるの後、噛んだときのプリッとした食感がいいなめこは、購入後すぐ、最もおいしい時期を逃さずに調理していただくのが一番です。洗い方や下ごしらえに注意すれば、さまざまな料理にも利用できますし、栄養もしっかり取れます。
扱い方がよくわからず使いこなせていなかった方も、今後は食材として大いに活用してみましょう。
▼ねばねばが癖になる!おいしいなめこレシピ、まだまだたくさんあります。
5 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう