ローディング中

Loading...

ラムとマトンといえば、どちらも羊のお肉のことを指します。しかし、そのふたつは一体どこが違うのかご存知でしょうか?同じ羊のお肉でも、ラムとマトンでは味や栄養素に違いがあるのです。今回はその違いについてご紹介します!

ラムとマトンって?

近年ジビエ(野生の獣肉)などの流行により、牛や豚、鶏だけでなく、様々な動物のお肉を食べる機会が増えています。とはいえ、今まで食肉だと思っていなかった動物のお肉を食べるのはやはり抵抗があるもの。

一般的に食べるわけではないですが、手に入りやすいお肉としては羊の肉が挙げられます。ジンギスカンなどのときに食べられるものですから、比較的抵抗が少ないかもしれません。

そんな羊のお肉ですが、カタカナで言うと「ラム」と「マトン」という2つの言い方がありますよね。どちらも同じ羊の肉を指す言葉ではありますが、ではこれらはどのような違いがあるのでしょうか?

ラムとマトンの違い

さて、この「ラム」と「マトン」ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

ラムは生後1年未満の仔羊です。くさみが少なく、食べても独特のクセがそれほど感じられないのが特徴です。また、まだ若い肉ですから、肉質も柔らかいのだそうです。

対してマトンは生後2年以上から7年程度まで成長した羊の肉で、羊肉独特の牧草のような香りが強いのが特徴。こちらは大人の肉ですから、肉はラムより引き締まっており、見た目にも赤みが強いのだそうです。

羊の肉が好き、という方はマトンを、初めて食べるという方はラムを選ぶとよいかもしれませんね。

ラムとは

ラムは、日本人が好むと言われているお肉です。生後1年未満の子供のひつじの肉を指しますが、正確な年齢がわからない場合もあるため、永久歯のないものをラムとする、という定義もあるようです。

ラム肉は羊の肉としてはさほどクセが強くないのが特徴で、特に生まれたばかりの仔羊の肉はほんのりミルクの香りがするため、フランスなどでは高級食材とされているのだそうです。

低カロリーで高タンパクな食材なので、ダイエット中の方でも分量に注意すれば食べてもよいでしょう。

マトン

マトンは生後2年以上〜7年くらいの羊の肉を指します。羊肉独特の香りがするのが特徴で、これは好き嫌いの分かれるところでもあります。ただ、食べなれてくるとその味がクセになるとか、気にならなくなるという人も多いそうです。

また、新鮮なお肉であればそのクセも少なくなるようで、一度高級品を食べるとその概念は変わるかもしれません。

そして特筆すべきはマトンに含まれる「Lカルニチン」という成分。これは脂肪燃焼を助けてくれる、ダイエッターの強い味方なんです。Lカルニチンがここまで豊富に含まれている食品はほとんどないのだそうですよ。

ホゲットというものもある

「ホゲット」というのは、あまり馴染みのないという人がおおいかもしれません。これは羊肉のほとんどを輸入に頼っている日本では仕方のないことだと言われています。ちょうどラムとマトンの中間に位置するお肉で、つまり、生後1年以上2年未満の羊肉のことを指しています。

ラム肉はクセが少ない一方淡白で物足りないと表現する人もおり、またマトンだとクセが強すぎて苦手だという人もいるなかで、その中間となるボゲットはちょうどよいという人もいるのだそうですよ。

じゃあジンギスカンはどのお肉?

それでは、ジンギスカンではどのお肉が使われているのでしょうか?

そもそもジンギスカンは、れっきとした日本料理だということをご存知でしょうか。起源となる料理はモンゴルや中国にも見られますが、現在の凸型の鍋で羊の肉と野菜を食べるというスタイルは、日本独特のものであると考えられているようです。

ジンギスカンには大きくわけると「味付き」と「生」の2種類があります。「味付き」とは、お肉を先にタレに漬け込んでおくもの、「生」とは味付けなどをせず、焼いてからタレにつけて食べるもののことを指します。

ラム、ホゲット、マトンのどれもジンギスカンで食べることはできますが、基本的にクセの強いマトンは味付きで食べられることが多いようです。

どうしたらおいしく食べられるの?

羊肉独特の香りは食べなれれば慣れるようですが、最初はスパイスなどが効いた料理にすることで羊肉の香りを抑えたほうがおいしく食べられるようです。

ニンニクや醤油など味の濃い調味料に漬け込んだり、長野ではすりおろしたりんごに漬け込むという方法も一般的だとのこと。

外国のお料理だと、むしろ羊肉のクセを活かす味付けになっていることが多いため自信のない方は避けた方が無難かもしれませんね。

おいしくお肉を食べよう

クセがある、というイメージだけで敬遠されることの多い羊肉ですが、その種類や食べ方によってはやみつきになりそうな味わいになるかもしれませんね。まずはクセの少ないラム肉からはじめて、徐々に慣れていったらきっとホゲットやマトンも楽しめるようになりますよ。

また、ご自宅で羊肉を楽しめるレシピも最近はたくさんあるようです。自分好みの味付けで調理することで、新しい魅力を発見できるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

「お茶の子さいさい」ってどんな意味?言葉の由来は?

日常生活を送る中で、お茶の子さいさいという言葉を使うことはありますか?ご自身で使うことがなくても、「お茶の子さいさい」という言葉は聞いたことがあるでしょう。この言葉には、どのような意味が含まれているのでしょう…

具材もしめも網羅!「酒粕鍋」の人気レシピ6選

レシピ まとめ

味噌で作る定番の「酒粕鍋」のレシピをご紹介します。鮭、鶏肉、豚肉、イカ団子……メイン食材は選べる4種類。ヘルシー志向の方には、お野菜だけで作れるレシピも!おすすめの具材としめもご紹介するので、酒粕鍋を存分に楽…

秋葉原にラム肉のしゃぶしゃぶ専門店「めり乃」オープン!羊に見立てたわたあめも♩

秋葉原 しゃぶしゃぶ 牛タン 専門店

ラム肉を使ったしゃぶしゃぶ専門店「めり乃」が秋葉原にオープン!ラム肉にわたあめがのったしゃぶしゃぶや、美容栄養素の高い牛タンなどが楽しめるお店です。また、オープン記念として食べ飲み放題コースをお得な価格で楽し…

ひと手間で豹変!?「大根おろし」の辛みを抑える方法を大検証!

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

ハンバーグにナツメグを入れるのはなぜ?身近なアレで代用もできる!

ハンバーグ

ハンバーグ作りをする際にレシピを見ていると、必ずといっていいほどナツメグが出てきます。ハンバーグにナツメグを加えることで本格的な味わいになりますね。ここでは適した量や、ナツメグがないときの代用についてもご紹介。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本人なら知っておきたい、伝統的な季節の日本酒行事「5」選

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

たったこれだけの心がけ!食費を簡単に抑えるコツ「5」選

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

気になる白髪を黒髪に!? 白髪の予防・改善に効果的な食べ物まとめ

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

意外と知らない?! やってはいけないテーブルマナー「3」選

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ふわふわ卵がおいしい♩かきたま汁の人気レシピ18選

スープ レシピ まとめ

ふわふわ卵がおいしい汁ものの代表選手「かき玉汁」。醤油だし以外にも味噌やコンソメなどいろいろな味が楽しめます。今回は、かき玉汁の卵をふわふわに仕上げるコツと人気の簡単レシピを18点ご紹介します。ほっこりおいし…

連載記事

ズッキーニでザクとろ食感の『オープンオムレツ』!ワンパン調理で後片付けも簡単♩

ズッキーニ 夏野菜 オムレツ おつまみ

6〜9月に旬を迎えるズッキーニ。鮮やかな緑は料理に彩りを加え、おいしそうに見せてくれます。でも、ラタトゥイユ以外の料理にどう使えば……?そこで今回は、ズッキーニを主役にしたオムレツをご紹介!ワンパンでできると…

使い方も紹介!「グリーンパン」の【フライパン・鍋】シリーズまとめ

まとめ

皆さんは「グリーンパン」を知っていますか?ベルギー発の調理器具です。今まで使っていたフライパンやお鍋の常識を覆すようなグリーンパン。今や世界中で大人気のおしゃれで使い勝手もいいグリーンパンについて、使い方を交…

ページTOPに戻る