昆布締めに使う昆布の種類

ひと口に “昆布” と言っても、利尻昆布や羅臼昆布などさまざまな種類がありますよね。そんななかで、昆布締めにふさわしいとされている昆布は特にありません。基本的にはどの昆布を使ってもおいしく仕上げることができます。 ただ、昆布締め用の昆布を購入する際には、なるべく平らなものを選ぶようにしましょう。波打っていると食材と昆布の接する部分が少なくなり、風味がうまくつかない場合があります。

基本はこれ!「鯛の昆布締め」の作り方

Photo by macaroni

昆布締めにする定番食材と言えば、やっぱり鯛ですよね!昆布はうすくて幅が広いものを選ぶと調理しやすいですよ。寝かせる時間が長いほうが、昆布の旨味がギュッと詰まった鯛を味わえます。

昆布締めに合う魚は?おすすめレシピ7選

1. ヒラメの昆布締め

昆布で締めるヒラメのお刺身。キュッと歯ごたえが増して、噛むほどに旨味が感じられます。お酒に合わせるおつまみとして、ゆっくり時間をかけながらいただきたいですね。ちょっとだけわさびを添えて食べるのもおすすめです。

2. ハマチの昆布締め

ハマチといえば、お寿司のネタとしても人気者の魚です。そんなハマチを昆布で締めれば、ほどよく水分が抜けて旨味が凝縮。昆布の塩気も相まって、ハマチならではの風味が強く感じられますよ。

3. ぶりの昆布締め

ぶりの昆布締めを、昆布出汁で炊いたご飯と合わせる丼メニューです。昆布の強い風味が口の中に広がり、あとからぶりの旨味が押し寄せてきますよ。柚子皮や柚子胡椒を添えれば、爽快な口当たりとともに楽しめます。

4. サーモンの昆布締め

子どもも大好きなサーモンを昆布締めにしてみませんか?濃厚な味わいに仕上がるので、ご飯のおかずやおつまみにもぴったりですよ。サーモンの新しい食べ方を、ぜひ試してみてください!

特集

FEATURE CONTENTS