1. ジップロックに入れる

ジップロックの袋に梅と粗塩を交互に入れたら、ホワイトリカーを入れて平らにならし、空気が入らないように閉めます。

2. 重しをする

ホーローまたはガラスのバッド(ステンレス製以外を使用)にのせたら、上から雑誌や本などを置き、重さ1キロになるよう重石をします。

1日数回上下を返します。2〜3日経過したら梅酢が出てきます。
※梅酢とは、梅を塩に漬けることによって出てくる水分のことです。

3. 赤しその下処理

赤しそは葉を摘み、洗って水気をよく切ります。半量の粗塩(赤しそ用)を入れてしっかり揉み込み、アク(濁った汁)を出して水分を捨てます。さらに残りの粗塩を加えて同じように揉み込み、出てきた水分を捨ててぎゅっと絞っておきます。

4. 赤しそを入れる

ジップロックで漬けている梅に赤しそを平らに広げ入れ、空気を抜いて梅酢に浸け込みます。風通しのよい冷暗所で保管し、1日1回上下を返します。

5. 天日干しをして完成

晴天が3日間続く日を見計らって、天日干しをします。ざるに並べて毎日1回、梅の上下を返し、夜は家の中で保管します。最終日のみ夜露にあてましょう。

赤しそは水分を絞り、別の容器に保管しておきます。一緒に干してゆかりにするのもおすすめですよ。梅酢はホーローやガラスの容器で保存しておきます。また最終日、梅と一緒に梅酢も干します。

3日間干して、梅の水分が抜けたら完成。清潔な瓶に梅と梅酢を入れて保管します。すぐに食べられますが、2〜3ヶ月ほど置けば味が馴染んでさらにおいしく食べられますよ。
▼使い終わった梅酢は捨てないで!

土用干しとは?

土用干しは、夏の土用の丑の時期におこなう年中行事で、梅干し作りであれば、塩漬けした梅を梅雨明け後に干すことをいいます。晴天が3日間続くときに行い、太陽の強い熱で殺菌・余分な水分を蒸発させて、保存期間を長く・皮や果肉をやわらかくする・風味豊かにする・色鮮やかにするなどの効果があります。

ざる(できれば竹製)に梅をのせて、太陽、夜露(最終日のみ)にあて続けます。夜露にあてるのは、やわらかさが増すといわれているんですよ。

編集部のおすすめ