5. 目や口をつける

Photo by sakura4

海苔で目と口、パプリカでほっぺを作り、顔にくっつけて完成です。

作るときのコツ

大根おろしは軽く絞って水分を切ってください。絞りが足りないとベチョベチョになって崩れやすくなり、絞り過ぎるとパサパサになってうまくまとまりません。 しょうゆの代わりにポン酢で着色すれば、色も味もまろやかになるのでおすすめです。ほっぺはなくてもいいし、パプリカではなく、にんじんや梅干し、紅生姜、キムチなど、赤いものならなんでも活用してみてくださいね。

大根おろしアートの人気アイデア10選

1. 海苔でしましま。キジトラ風

こちらも猫の大根おろしアートですが、海苔でしま模様やヒゲを再現。まるでキジトラかアメリカンショートヘアーのような猫ちゃんができあがります。焼き魚だけじゃなく、卵焼きに添えてもとってもキュートです。どんなイタズラをしようか考え中……?

2. 秋刀魚を狙う猫

こちらは魚の方を向いた猫の大根おろしアートです。ご主人サマの目を盗んで秋刀魚を狙っているようですよ。毛並みのもふもふ感がとってもかわいいですね。しょうゆの垂らし方しだいで個性的な猫ちゃんができあがります。お宅の猫ちゃんはどんな模様ですか?

3. 鍋風呂に浸かるシロクマ

貫禄十分の態度で鍋風呂に浸かっているのは、シロクマの大根おろしアートです。クマちゃんが溺れないように、白菜などの具材をたっぷり敷いたうえにクマちゃんをどっしりとのせてくださいね。かわいすぎるみぞれ鍋にみんながほっこり♪

4. 鍋で巣ごもりするニワトリ一家

ソーセージや枝豆串などポップなお鍋の中央には、大根おろしアートのニワトリと、ウズラで作ったひよこの家族が……。ニワトリ一家の下に敷かれたえのきがまるで鳥の巣のようです。茶色いニワトリは大根おろしに醤油と鰹節粉を混ぜているそうですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ