4. カブと紫玉ねぎのアチャール

まず、カブの皮をむいて薄切りにし、塩でしばらくおきます。水気がでたら軽く絞ってボールに移します。次に、紫玉ねぎを薄切りにします。辛い味が苦手な人は水にさらし、水からあげてボールに入れておきます。フライパンで温めたオイルに、フェヌグリークをIN。焦げ目がつくくらいまで炒めたら、唐辛子も散らしてさらに炒め、ボウルに注ぎ入れます。レモンと塩で味を調え手でよく混ぜたら、最後にパクチーを入れてできあがり!

5. 玉ねぎと生姜のアチャール

まず、玉ねぎは太めのスライスにし何度か水を替えながらさらします。生姜は太めの千切りにしましょう。十分に水にさらした玉ねぎを、生姜と合わせレモン汁、砂糖、唐辛子といっしょに和えます。塩をお好みで、あるいは塩の代わりにバルサミコ酢を加えてもおいしいですよ。

アチャールでもっとカレーを楽しもう♪

栄養バランスがよく、身体も心も舌も満足する食卓を心がけるとき、主菜がおいしいのはもちろんのこと、主菜の味を引き立てる副菜も大切ですよね。カレーもお漬物も、日本人にすっかり定着したお料理。いろいろなアチャールを作って食べてみたいものですね。

編集部のおすすめ