高級魚「のどぐろ」の旬って?おすすめの食べ方や店舗を紹介!

高級魚として知られる「のどぐろ」。皆さんは食べたことはあるでしょうか。実はこの「のどぐろ」、関東ではあのお魚と同じなんですよ。今回は、のどぐろの由来から旬、おすすめの食べ方、のどぐろが食べられる東京都内のおすすめのお店をご紹介します。

高級魚「のどぐろ」とは?

もともとお魚を食べることが多い我々日本人ですが、その中でも、今回ご紹介する「のどぐろ」については、食べたことのない方もいらっしゃるのではないでしょうか。高級魚とも言われ、1匹3,000円前後で取引され、高級料亭で提供されるものには1万円を超えるものもあるほどです。
そんな「のどぐろ」という魚をこと、どれくらい皆さんご存知ですか?スーパーで見かけたことがあるという方や、まったく知らないという方など、様々な方がいることでしょう。
そんな「のどぐろ」について今回はご紹介いたします。

「のどぐろ」の由来とは?

のどぐろの由来は「喉黒」にあります。どういう意味かというと、「喉が黒い魚だから」ということです。実際にのどぐろの口を開くと、中が黒いのが確認できます。
実はこののどぐろ、関東でとれるアカムツという魚と同じ種類なんです。それでは、のどぐろとアカムツはどう違うのでしょう。
それは、産地の違いです。次からは、のどぐろの産地とともに、どんな時期にのどぐろを食べればよいのかという、「のどぐろの旬」についてお話します。

のどぐろの旬は秋から冬

のどぐろの産地は主に日本海沿岸となります。基本的に日本海沿岸ならどこでも取れるそうですが、いちばん有名なのはやはり石川県でしょう。
また、旬は秋から冬といわれています。また、のどぐろは一年中とれる魚ですが、冬は海がしけるために漁獲量が少なくなる傾向があります。のどぐろは高級魚としても知られていますが、漁獲量が少なくなるため、需要と供給の関係でも価格が高騰すると言えるでしょう。
ちなみに、のどぐろの旬については諸説あります。いろんな時期ののどぐろを味わってみて、あなたにとっての旬の時期を見つけてみてもいいかもしれないですね。

おいしく食べるなら「刺身」

のどぐろをたべるなら、やはり「刺身」がおすすめです。味は脂がよくのっており、うまみのある魚だと評判です。のどぐろは傷みやすいため、一般的な回転ずしなどではあまり見ることはないかもしれませんが、日本海近辺の寿司屋さんに行ったときなどにぜひ頼んでみてください。
また、他の調理法としては、「のどぐろの煮つけ」「のどぐろの炙り丼」などがあります。のどぐろはスーパーでも売っていますので、一度調理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
▼白身魚は「昆布締め」で食べるのもおすすめ!

都内でおいしいのどぐろが食べられるお店

雨後晴(あめのちはれ)

恵比寿の隠れ家海鮮和食。四季折々の旬とともに、おいしいお酒を提供しているお店です。こちらでのどぐろを食べるなら、おすすめは塩焼き!また、のどぐろ料理を含むコース料理もあるので、会食であればそちらを選ぶのもあり。
【店舗情報】
所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-14-2 タイムゾーンビルB1
電話:03-5734-1571
営業時間:月~金18:00~23:30(L.O 22:30)、土・祝17:00~23:30(L.O 22:30)

のどぐろ専門 銀座 中俣

特集

SPECIAL CONTENTS