揚げたてより人気!? 唐揚げの和洋中までいけちゃうリメイクレシピ

大人から子供まで大人気の唐揚げ。ついつい作りすぎて余らせてしまう、なんてことありますよね。でもリメイクレシピなら翌日の唐揚げでもおいしく食べられるんです。和洋中まで、唐揚げが昨日とはひと味違った絶品メニューに変身です!

2019年10月30日 更新

サクサクジューシーに戻す方法

冷めてしまった唐揚げは、オーブントースターを使えば、揚げたての食感に近づけることができます。リメイク調理の時間はないけれど、唐揚げをおいしく食べたい時に便利です。 温めなおし方 1. オーブントースターをあらかじめ温めておきます。 2. アルミホイルをまるめてくしゃくしゃにした後、広げなおしてオーブントースターの中へ敷きます ※アルミホイルの上に余分な油が落ちて、サクサク食感になります。 3. 唐揚げをアルミホイルの上に並べて、5分ほど焼きます。途中で裏がえすと、よりサクサクに仕上がります。

唐揚げの保存方法

作った唐揚げは保存をしておけば、時間のよい時にリメイク調理に使えます。保存方法は、常温、冷蔵、冷凍といずれのやり方でもできますが、暑い季節は冷凍保存がおすすめです。 常温の場合は、5度以下の場所で保存をします。タッパーなどの保存容器に保冷剤を一緒に入れるとなおよいでしょう。賞味期限は、冬場であれば1〜3日、それ以外は数時間が限度です。夏場の常温保存はさけてください。 冷蔵庫での保存は、匂いが庫内にうつるのを防ぐため、ふた付きの保存容器がおすすめです。賞味期限は、3日程度。 冷凍庫保存は、約1ヶ月の保存が可能です。フリーザーバッグを使い、唐揚げはなるべく平らにして入れると、それぞれがくっつかずにすみます。凍っている唐揚げをすぐに電子レンジなどで解凍するよりも、一旦冷蔵庫に移すか、電子レンジで半解凍後にオーブントースターで温めなおすと、よりおいしい唐揚げが食べられます。

リメイクレシピでさらに大好きに

そのままでも十分おいしい唐揚げですが、リメイクすることで違った味がたくさん楽しめます。ちょっと手をかけて、唐揚げをオーブントースターで温めなおして使えば、余り物とは思えないお料理にすることができますよ。今回の内容を参考に、毎日のお弁当や食卓に、よかったら唐揚げリメイクを活用してみてくださいね。
▼それでも食べ切れなければ、賢く保存しましょう!
▼もっとおいしい唐揚げを作りたい方はチェック!
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS