ローディング中

Loading...

「コーレーグース(コーレーグス)」という調味料をご存じですか。なんだかあまり聞きなれない名前ですが、実は沖縄では古くから親しまれているアルコールの入った調味料だったのです。今回はそんなコーレーグスの作り方や使い方、アレンジレシピをご紹介!

ピリッと辛い調味料「コーレーグス」

「コーレーグス」とは、沖縄県産の唐辛子を、沖縄を代表するお酒ともいえる泡盛で漬け込んだピリッと辛い調味料です。

沖縄県以外であまり見かけることはありませんが、沖縄では、どこのレストランや家庭にも必ずといっていいほどある、とてもポピュラーな調味料なのだそうです。お蕎麦屋さんに置いてある七味唐辛子や、鰻屋さんに置いてある山椒といった感覚でしょうか。

コーレーグスの発祥

コーレーグスとは、本来唐辛子全般を指す沖縄県の方言ですが、今日では島唐辛子を漬け込んだ調味料のことを言います。なぜコーレーグスと言われるようになったかについては諸説ありますが、朝鮮半島から伝わってきたのではないかというのが有力です。朝鮮半島で薬として使用されており、それが日本に入ってきた際に「高麗の薬」と呼ばれ、今のコーレーグスになったとの説もあります。

中毒性に注意⁉︎

そんなコーレーグスですが、ご存じの通り、唐辛子の主成分であるカプサイシンが多く含まれています。これには注意が必要で、なんと中毒性があるのだとか。

七味やタバスコも同じで、使い続けているうちにどんどんかける量が増えていったしまうのだそう。薬品ではないのでさほど神経質になる必要はありませんが、あまり多量に摂取し続けると胃が荒れる可能性があるので注意してくださいね。

コーレーグスは飲むと酔っぱらう?

唐辛子と泡盛を原料として作られているコーレーグスですが、やはり飲むと酔っぱらってしまうのでしょうか。一般的な泡盛のアルコール度数は30度前後ですので、もちろんコーレーグスをそのまま飲み物のように飲んだ場合は酔っぱらってしまいます。

ですが、唐辛子の辛さもありますので、コーレーグスをこのように飲む人はなかなかいませんよね。では、調味料として使用した場合はどうなのでしょうか。

一般的に、酒気帯び運転でひっかかってしまうのは呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上からだそうです。どのぐらい飲むと酒気帯びになるのかは個人差もありますが、だいたいペットボトルのキャップにして5杯分程度(37.5ml)で酒気帯びになることが多いのだそう。

お酒が飲めない人や妊娠中の人は念のため注意してくださいね。

コーレーグスの原材料「島とうがらし」

そもそもコーレーグスの原材料となっている「島とうがらし」は普通の唐辛子とどう違うのでしょうか。

それは、唐辛子の品種にあります。沖縄県以外でも唐辛子の栽培は行われていますが、沖縄では、同じ唐辛子でも本土と品種が違う「キダチトウガラシ」というものが栽培されており、これを現在では島とうがらしと言っているのだそうです。

「コーレーグス」?それとも「コーレーグース」?

インターネットで「コーレーグス」と検索すると、サイトによって「コーレーグス」、「コーレーグース」、時にはひらがなで「こーれーぐーす」など様々な表記方法が出てきます。

これについては細かい決まりはなく、販売元による違いだけで原材料や製造方法での違いはないのだそうです。なんとなくですが、ひらがなで「こーれーぐーす」と書くのが一番沖縄っぽさが感じられますね。

コーレーグスの効果と効能

コーレーグスの主成分である唐辛子には、辛み成分カプサイシンが豊富に含まれています。このカプサイシンには、発汗作用があり、汗をかきやすくすることによってダイエット効果や代謝アップ効果があるとされています。

代謝がアップすることで血液の流れが良くなり、むくみ防止や免疫力向上といった効果も期待できるのだそうです。

また、カプサイシンはアルコールに溶けやすいため、そのまま唐辛子として摂取するよりは、コーレーグスのようにお酒に漬けた方が効率的に摂取できますよ。

コーレーグスの使い方

カプサイシンを効率的に摂取できるコーレーグスですが、どのような料理と相性が良いのでしょうか。沖縄では、ほとんどのお蕎麦屋さんで当たり前のように置かれているコーレーグスですが、沖縄県民はそば以外にも様々な料理に使用しているのだそうです。

パスタやラーメン、うどんなどの麺類のほか、湯豆腐や焼き肉、炒め物、さらには刺身にワサビ代わりとして使用することもあるのだそう。本当に何にでも使える万能調味料なのですね。

コーレーグスの作り方

一家に一本あると便利なコーレーグスですが、島とうがらしと泡盛(なければ焼酎などでも可)さえあれば自宅で簡単にコーレーグスが作れます。

おおきめの瓶を用意し、泡盛に島とうがらしを漬け込み、1ヶ月を目安に放置しておくだけ!唐辛子のピリ辛さと泡盛の風味が料理に旨みをプラスしてくれますよ。

コーレーグスを使ったおすすめレシピ4選

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食材別で簡単!野菜の旨味引き出す人気のサラダレシピ30選

何かとマンネリしがちなサラダレシピ。そこで今回は、チキンやトマト、キャベツなど食材別に、人気の簡単サラダレシピを30選ご紹介しますよ!また、野菜の洗い方などいつものサラダをもっとおいしくするポイントも交えてご…

大人も子供もハマっちゃう!マヨ炒めのレシピ7選

味つきで油を引く手間も省ける「マヨネーズ」手軽においしく作ることのできる「マヨ炒め」のすぐれものレシピを今回はご紹介していきます♪野菜炒めは好きだけどワンパターンになりがち...なんてときに試してみてはいかが?

お花見弁当に花が咲く!真似したいおにぎりアイデアレシピ7選

桜が咲き始めると、お花見に出かけたい季節になりますよね。今回は、アイデアいっぱいのおにぎりレシピをご紹介します。きっと「カワイイ!」「きれいだね」と喜んでもらえること間違いなし!ちょっとした工夫で、お花見仕様…

今すぐ作りたくなる!ソーダブレッドのアレンジレシピ『10』選♡

初心者さんのパン作りには『ソーダブレッド』が絶対オススメ!発酵する時間がいらないから、材料を計り始めてあっという間に完成!周りはサクッ(ザクッ)、中はしっとりの時短パン♡見たらすぐに作りたくなるアレンジアイデ…

どうせ飲むならヘルシーに!おつまみサラダレシピ11選

お酒もできればヘルシーに楽しみたい!それにはおつまみ選びも大きなポイント。そこで今回はおつまみサラダのレシピをご紹介。お肉やチーズなど脂っこいものにかたよりがちですが、サラダなら安心ですよね。ぜひご家庭にある…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

クリスマスの定番♩超キュートな「ブッシュ ド ノエル」の作り方

ブッシュ ド ノエルはフランス語で「クリスマスの薪」。パリで作られるようになったそうですが今では日本でも定番のクリスマスケーキですね! チョコレートクリームにドライフルーツを散りばめて、ふんわり生地で包んだ可…

スイーツファン歓喜!あのピエールエルメ青山がリニューアルオープン♩

「パティスリー界のピカソ」とも言われるスイーツ界の巨匠のお店、「ピエール・エルメ・パリ青山」が12月17日に待望のリニューアルオープン。代名詞のマカロンはもちろん、焼き立てクロワッサンが食べられるほか、自由に…

北海道の道の駅で大行列!塩パンの「コッペんどっと」が横浜にやってきた!!

北海道木古内町で話題になっているコッペパン専門店「コッペんどっと」を知っていますか?連日大盛況で行列ができるこちらのパン屋さんが横浜にオープン!北海道小麦を使って焼き上げた塩パンや、いろいろなラインナップのコ…

ページTOPに戻る