はちみつ開封後の賞味期限、期限切れは食べられる?

はちみつはパンケーキやお菓子作りで頻繁に使いますが、賞味期限を気にしたことってありませんか?今回はそんな気になるはちみつの賞味期限についてご紹介します。正しい知識を身につけ、もっとはちみつに詳しくなりましょう。

2017年6月13日 更新

はちみつはガラス瓶に入れて保存するのがおすすめ

はちみつはプラスチックの容器に入れて保存すると、月日が経つにつれてプラスチックのにおいが移る可能性があります。プラスチックの容器に入って売られていたのなら、購入したあとに小瓶に移し替えるといいでしょう。

ガラス瓶は匂いが移る心配がないのでおすすめです!ガラス瓶に移し替えておけば、結晶化したときにも、さっと湯煎しやすいので便利かもしれませんね。瓶と蓋の間にラップをして封をするのもいい方法でしょう。

はちみつの賞味期限が切れたら

天然のはちみつを適切に保存すれば腐ることはありません。賞味期限はあくまで日本の法律上記載しているだけなので、賞味期限が切れても適切な保存の仕方をしているなら問題なく食べられるでしょう。ただ賞味期限が近づく従って風味は落ちていきます。

はちみつが腐るときってどんなとき?

はちみつの瓶に、直接口に運んだスプーンを戻したり、指を直接入れたりしていませんか?細菌やカビの繁殖の原因になり腐ってしまう可能性があります。腐らせないためには、清潔なスプーンで取り、水分や唾液などが入らないように徹底しましょう。

はちみつをもっとおいしく

はちみつについて謎は解けましたか?正しく保存することによってずっと食べられるから保存食にもなり、家にひとつあるととても便利な食品です。

ミネラルやビタミンなどの栄養素を含んでいて、エネルギー補給にも推奨されている食品です。また、パックなど美容にも活用できるとても便利な食品なので今度もますます注目される食品であること間違いありません。
▼その他の気になる食材の賞味期限はこちら
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう