ローディング中

Loading...

料理の調味料や隠し味として広く使われているはちみつですが、ないときに代用できるものがあることを知っていますか?やっぱりメープルシロップ?砂糖?今回は、はちみつの代用品について詳しくまとめました。これで切らしてしまっても安心です!

はちみつがお家にない!代用できる?

はちみつといえば、お料理の調味料として使うことも多く、その栄養価の高さから定番になっている食材のひとつです。でも、いざ使おうとしたときにはちみつが切れていた!なんて経験はありませんか?

そのようなときに、はちみつは意外なもので代用が可能なんですよ。1つではなく何種類も代用品があり、そのうちの1つは必ずお家にあるものなので、知っておくといざというときに役立ちます!

代用品さえ知っておけば、はちみつを切らしても慌てて買いに行く必要がなくなりますし、お料理の幅が広がることも期待できますね!

そもそもはちみつって何でできてる?

はちみつは約8割の糖分と、約2割の水分でできています。ミツバチが花蜜を集めて巣に貯めてから、水分を蒸発させて糖度を約80%になるまで濃縮したものです。ミツバチが訪れる植物(蜜源植物)は、主要なものだけでも世界で約4000種と報告されているそうです。

日本の代表的な蜜源植物としては、レンゲ、アカシア(ニセアカシア)、トチ、ミカン、ソバなどが挙げられます。味や色は蜜源植物によって様々に変わります。

ちなみにはちみつは、砂糖より低カロリーということをご存知ですか?100gあたりの砂糖が約386キロカロリーにたいして、はちみつは約294キロカロリーです。およそ100キロカロリーも違うんですね。

では、次からはちみつの代用品を見ていきましょう。

砂糖で代用

1つ目にご紹介するのは、どのご家庭でもおなじみの砂糖です。砂糖もはちみつの代用になるんですよ。

ただし注意が必要で、はちみつの甘さは砂糖よりもおよそ3割増し。そのためはちみつの代わりに砂糖を使用する際には、分量に気をつけてくださいね。以下に詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

レシピから砂糖の量を出す方法

はちみつを大さじ1杯使うレシピの場合、まずグラムを考えてみます。

はちみつ大さじ一杯は約21gですが、単純に大さじ1を3分の1にすればよいかというと、そうではありません。はちみつと砂糖では重さが違うので、注意しましょう。

砂糖の重さは大さじ1杯で約9gです。はちみつは砂糖の1.3倍甘いという事実を利用して計算してください。

つまり「21g×1.3=27.3g」となるので、約27gの砂糖で代用できるという計算になります。ちなみに小さじというのは、大さじの3分の1ですから、はちみつの小さじ1杯は約7gということになりますね!

反対に、砂糖をはちみつで代用したい場合には、砂糖のg÷1.3をすれば、必要なはちみつのグラム数が計算できますよ。

みりんを使って代用

2つ目にご紹介するのは、みりんを使った代用の方法です。

はちみつには、魚の臭みをとったり、照りやつやを出したりする働きがありますが、みりんにも同じような作用があることが特徴です。そのほか、みりんを使うと自然な甘さになる、煮くずれを防いでくれるといったメリットもあります。

砂糖+みりんを使用することで、照り焼きのタレを作ることができ、はちみつと同じような働きをしてくれるのでぴったりですね!ポイントは砂糖と一緒に作るというところです。

メープルシロップで代用

3つ目にご紹介するのは、メープルシロップを使った代用の方法です。

メープルシロップは北米原産のカエデ科の木であるサトウカエデなどの樹液を採取し、煮詰めたもののことをいいます。メープルシロップといえば栄養価が高いことで注目されており、はちみつと同じように健康や美容によいといわれています。

スイーツやパンケーキにかけて食べる際に、はちみつではなくメープルシロップを使用することができます。はちみつに比べてメープルシロップはサラッとしているので、口当たりがよく甘いものとの組み合わせもよいとされています。

水飴で代用

じつは水飴も、はちみつの代用になる甘味料です。

水飴といえば、そのトロッとした感じから、はちみつと少し似ている部分がありますよね。水飴とは、「砂糖」や「蜂蜜」などと違って自然界に存在するものではなく、穀物・芋類などに含まれる「でんぷん」から造られた甘味料です。

当然、でんぷんだけでは甘味は在りません。でんぷんは「ブドウ糖」と言う甘味が並んだ構造をしており、それを分解して強い甘味に変えたものが「水飴」です。

どのような料理の代用に適しているかというと、お菓子作りなどです。ケーキや生チョコレートを作る際に、はちみつがなければ水飴での代用が可能です。

黒蜜で代用

次にご紹介するのは、黒蜜を使った代用法です。

黒蜜は、黒砂糖を水に溶かして煮詰めたもので、とろみと甘味で和スイーツを引き立ててくれます。みつ豆、ところてん、わらび餅、くず餅などに使われることの多い甘味料です。

黒蜜はご家庭で作ることができます。黒砂糖と水を1対1ほど用意したら、鍋に入れてかき混ぜながら煮溶かします。そのまま煮詰めていけばほぼできあがり。後は冷やすだけで、おいしい黒蜜になりますよ!

煮物を作る際、はちみつの代用として黒蜜を使うと、コクが増すことで知られています。少しコクが足りないな、と感じた際に使ってみてくださいね。

ジャムで代用

ちょっと意外かもしれませんが、ジャムもはちみつの代用品になります。

ジャムはフルーツの果実や果汁に、重量比10%から同量程度の砂糖やはちみつを加えて加熱濃縮し、保存可能にした食品。スプレッド類の1つです。

マーマーレードジャムやアプリコットジャムなど、フルーツジャムは生姜焼きにおすすめですよ!ジャムの甘みと酸味が生姜の香りとよく合います。焼く前に、浸けておく用のタレに入れるだけなので、簡単に調理が行えますね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

マスタードと辛子、どちらも辛い黄色い調味料ですが、みなさんはこの2つの違いをご存じですか?おでんには辛子、ホットドックにはマスタードが定番ですが、おでんにマスタードではダメなのか?今回は2つの違いや代用ができ…

天ぷら 和食

天ぷらは時間が経つとしんなりしてしまって、微妙な食感に。揚げ方をひと工夫すれば、揚げたてがサクサクになるのはもちろん、食感をキープできることをご存じですか?今回は、素材別の最適な揚げ方、コツをご紹介します!

日本酒

お酒の裏パッケージなどに表記されている「日本酒度」。何を表した数値かご存知ですか?日本酒を選ぶ際に知っておくと、お酒選びの参考になりますよ!気に留めていなかった方も多いと思いますが、これを機に知っておきましょ…

八王子 東京 パン カツ丼 カレー レシピ

八王子のご当地グルメ「パンカツ」を知っていますか?今回は気になる作り方から、パンカツの名店「やまと」の店舗情報まで詳しくまとめてみました。サックサクの見た目に隠されたその味はいかに……?実際に作ってみたので実…

ケーキ スイーツ

カレルチャペック紅茶店 吉祥寺本店から、夏の新スイーツ「冷やしケーキ<たっぷりはちみつ>」と「塩チョコスコーン」が発売!パッケージは、カレルチャペック人気キャラクター・みつばちバジーちゃんが描かれたかわいいデ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る