メープルシロップだけ?はちみつの代用品は料理によって使い分ける!

料理の調味料や隠し味として広く使われているはちみつですが、ないときに代用できるものがあることを知っていますか?やっぱりメープルシロップ?砂糖?今回は、はちみつの代用品について詳しくまとめました。これで切らしてしまっても安心です!

2017年11月20日 更新

はちみつがお家にない!代用できる?

はちみつといえば、お料理の調味料として使うことも多く、その栄養価の高さから定番になっている食材のひとつです。でも、いざ使おうとしたときにはちみつが切れていた!なんて経験はありませんか?

そのようなときに、はちみつは意外なもので代用が可能なんですよ。1つではなく何種類も代用品があり、そのうちの1つは必ずお家にあるものなので、知っておくといざというときに役立ちます!

代用品さえ知っておけば、はちみつを切らしても慌てて買いに行く必要がなくなりますし、お料理の幅が広がることも期待できますね!

そもそもはちみつって何でできてる?

はちみつは約8割の糖分と、約2割の水分でできています。ミツバチが花蜜を集めて巣に貯めてから、水分を蒸発させて濃縮したものです。ミツバチが訪れる植物(蜜源植物)は、主要なものだけでも世界で約4000種と報告されているそうです。

国内で蜂蜜が採れる植物としては、レンゲ、アカシア(ニセアカシア)、トチ、ミカン、ソバなどがあります。味や色は蜜源植物によって様々に変わります。

ちなみにはちみつは、砂糖より低カロリーということをご存知ですか?100gあたりの砂糖が約386キロカロリーにたいして、はちみつは約294キロカロリーです。およそ100キロカロリーも違うんですね。

では、次からはちみつの代用品を見ていきましょう。

砂糖で代用

1つ目にご紹介するのは、どのご家庭でもおなじみの砂糖です。砂糖もはちみつの代用になるんですよ。

ただし注意が必要で、はちみつの甘さは砂糖よりもおよそ3割増し。そのためはちみつの代わりに砂糖を使用する際には、分量に気をつけてくださいね。以下に詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

レシピから砂糖の量を出す方法

はちみつを大さじ1杯使うレシピの場合、まずグラムを考えてみます。

はちみつ大さじ一杯は約21gですが、単純に大さじ1を3分の1にすればよいかというと、そうではありません。はちみつと砂糖では重さが違うので、注意しましょう。

砂糖の重さは大さじ1杯で約9gです。はちみつは砂糖の1.3倍甘いという事実を利用して計算してください。

つまり「21g×1.3=27.3g」となるので、約27gの砂糖で代用できるという計算になります。ちなみに小さじというのは、大さじの3分の1ですから、はちみつの小さじ1杯は約7gということになりますね!

反対に、砂糖をはちみつで代用したい場合には、砂糖のg÷1.3をすれば、必要なはちみつのグラム数が計算できますよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう