ライター : かやのゆみこ

AISO(イタリアソムリエ協会)認定オリーブオイルソムリエ

以前は旅の楽しさを伝える仕事、今は地域や食の魅力を伝える仕事に従事。国内外問わず、その土地ならではの食とお酒を味わうのが大好きです!

こふきいもとは?

こふきいもは、家庭でもおなじみのじゃがいも料理。肉料理の付け合わせとしては定番ですよね。家庭科の実習で初めて作った料理がこふきいもだった……という方も多いかもしれません。

調理法はいたってシンプル。じゃがいもを塩ゆでし、炒って水分をとばせばOKです。調理後の見た目が、粉を吹いたように見えることから、こふきいも(粉吹芋)と名付けられました。

こふきいもの素朴な味わいやほくほくとした食感は、子どもから大人まで嫌いな人はいないのではないでしょうか?切る、ゆでる、水分をとばすという簡単3ステップで、ササっと作ってみませんか?

材料(3人分)

・じゃがいも…3個
・塩…小さじ1/4杯
・こしょう…10g
・バター…適量

おいしく作るポイント

じゃがいもは水分をとばす段階で角が取れ、ひとまわり小さくなるため、あらかじめ大きめに切っておくのがポイントです。

普通のこふきいもに飽きてしまったら、バジル、チリペッパー、マジカルソルトなどをトッピングすると、簡単に味わいに変化をつけられるのでおすすめです。

作り方

1. じゃがいもを大きめのひと口大に切ります。芽があれば取り除いてくださいね。新じゃがの場合は皮をむかず、そのまま調理しましょう。

2. 鍋にじゃがいもを入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、水から中火でゆでていきます。沸騰したら弱火にし、竹串が通る程度にやわらかくなるまで、10~15分ほどゆでてください。

3. ゆであがったらザルにあけ、水を切ります。さっと水を切ったらすぐに元の鍋に戻し、鍋をゆするようにころころ転がしながら、じゃがいもの表面の水分をとばしましょう。※鍋の余熱で十分ですが、冷めてきたら弱火で加熱しながら水分をとばしてください。

4. 最後に塩、こしょう、バターを加えて完成です。

レンジで作るこふきいも

もともと簡単に調理できるこふきいもですが、より簡単に、かつ時間を短縮したいなら、電子レンジを使う方法を試してみてください。

じゃがいもを切ったら、耐熱容器やシリコンスチーマーに入れて、電子レンジでチン!じゃがいも3個の場合、10~15分程度の加熱時間でOKです。

まだ硬いようなら、様子を見て少しずつ加熱時間をのばしてください。じゃがいもがやわらかくなったら、容器のフタを開け、ころころ転がすようにゆすってください。

じゃがいもの水分がとび、角が取れて丸くなってきたら完成です。

こふきいものアレンジレシピ6選

基本のこふきいもの作り方をマスターしたら、アレンジレシピにも挑戦してみましょう。食べ慣れてしまったこふきいもも、ひと手間加えるだけで生まれ変わりますよ。

編集部のおすすめ