ほくほくおいしい!簡単「粉吹き芋」の絶品レシピ

あとひと品なにか欲しい!という時に役立つ粉吹き芋。基本の作り方から簡単人気なアレンジレシピまでご紹介します。じゃがいもを大量に余らせてしまったときに大活躍する、お料理好き必見のレシピです。ぜひチェックしてみてくださいね。

粉吹き芋とは?

「粉吹き芋」は昔からある料理で、じゃがいもを茹で、表面を蒸発させて水分をとばした料理のことです。調理後の見た目が粉を吹いたように見えることから、粉吹き芋という名前が付けられたといわれています。

素朴な味わいがとても人気で、調理法はいたってシンプル。切る、茹でる、水分を飛ばす。この3ステップで簡単に作れるので、小学校の調理実習や飯盒炊飯に登場することも。

レストランではおもにお肉料理の添え物として見かけることが多いですが、今回は、作り方からおいしく食べるアレンジレシピまでご紹介します。

粉吹き芋_基本の作り方

材料(3人分)

・じゃがいも…3個
・塩…小さじ1/4
・こしょう…10g
・バター…適量

作り方

1、じゃがいもを切ります。新じゃがなら皮をむかず、そのまま調理しましょう。

2、鍋で水からじゃがいもを茹でます。竹串が通る程度にやわらかくなるまで茹でてください。

3、茹であがったらザルで水を切ります。さっと水を切ったらすぐに元の鍋に戻し、ころころ転がしながらじゃがいもの表面の水分を飛ばしましょう。※鍋の余熱で十分ですが、冷めてきたら弱火で加熱しながら水分を飛ばしましょう。

4、最後に塩、こしょう、バターを加えて完成です!

ポイント

じゃがいもは、水分を飛ばす段階で角が取れ、ひとまわり小さくなるので、大きめに切っておくのがポイント。

普通の粉吹き芋に飽きてしまったら、バジル、チリペッパー、マジカルソルトなどを振って、味わいの変化を楽しみましょう。

レンジで作る粉吹き芋

すでに簡単な調理方法の粉吹き芋。さらに簡単かつ時間を短縮したいなら、電子レンジを使う方法を試してみてください。

じゃがいもを切ったら耐熱容器やシリコンスチーマーに入れて電子レンジでチン!じゃがいも3個で、10分~15分程度の加熱時間です。

まだ固いと思ったら様子を見ながら少しずつ加熱時間をのばしてくださいね。じゃがいもがやわらかくなったら、容器のフタを開けてころころ転がすように揺すってください。

角が取れて丸くなってきたら完成です!

粉吹き芋のアレンジレシピ5選

基本の粉吹き芋をマスターしたら、アレンジレシピにも挑戦してみましょう!食べ慣れてしまった粉吹き芋も、ひと手間加えるだけで生まれ変わりますよ。

1. ほんのり焦がす!チーズ粉吹き芋

香ばしいチーズの香りが特徴の粉吹き芋。一口大に切ったじゃがいもをレンジで温め、竹串がすっと入るまで柔らかくなったら、フライパンへ移し、水分を飛ばします。塩と粉チーズをふりかけ、弱火で表面の色が茶色く色づくまで温めたら完成。仕上げに黒こしょうを振っていただきましょう。

2. おやつやおつまみに!ほんのり甘いカレー粉吹き芋

お鍋で粉吹き芋を作ったら、カレー粉、塩、砂糖で味付けして完成!ほんのり甘い味付けがお子さんにも大好評!お父さんが食べる時のおつまみは、カレー粉を多目に入れてスパイスを効かせるのがポイントですよ。

3. コーンたっぷり!子どもが喜ぶ粉吹き芋

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう