赤ぶどうとはどう違う?「白ぶどう」の品種と栄養について

爽やかな黄緑色の見た目通り、あっさりした味わいで料理にもぴったりな白ぶどう。そんな白ぶどうが持つ栄養素は、さまざまな効果が期待できるとされています。今回は白ぶどうの特徴や品種、栄養や効果効能まで、まるごとご紹介しますよ!

白ぶどうとはどんな果物?

白ぶどうと言えば、マスカットを連想する人が多いのではないでしょうか。マスカットは白ぶどうの代表格とされる品種で、日本では「アレキサンドリア」という品種がマスカットととして親しまれています。

マスカットの最大の特徴は香りの強さで、甘みと酸味のバランスがとれた上品な味わいとともに、独特の香りがしっかり感じられるぶどうなんですよ。

収穫時期と生産地

白ぶどうにはさまざまな品種がありますが、全体的にみると9月から10月に旬を迎える品種が多いです。早いものでは、7月下旬に収穫を始めて、8月中旬で旬を終える品種もあり、種類によってまったく異なることが分かりますね。

日本国内では、岡山県がマスカットの生産地として広く知られています。

赤ぶどうとの違い

味の違い

白ぶどうのすっきりとした味わいの秘密は、適度な酸味。赤ぶどうは品種によって差があるものの、白ぶどうに比べると酸味よりも甘みの強い品種が多いです。"ぶどうの王様"とも呼ばれる赤ぶどう「巨峰」は、濃厚な甘みの強さが特徴の品種ですよね。

価格の違い

価格で見ると、巨峰は1kgあたり1,000円程度のものが多く出回っていて、マスカットは巨峰より若干高めの価格設定のものが多いです。どちらのぶどうに関しても、粒の大きさやひと房の重さ、ブランドによって価格に大きな差が出てきます。

白ぶどうの主な品種

シャインマスカット

「シャインマスカット」は、8月中旬に旬を迎える早生種です。白ぶどうのなかでは酸味が控えめなほうで、甘みが強い品種。見た目は黄緑色で粒が大きく、房全体に実がぎゅっと詰まっています。

コストパフォーマンス抜群なところが魅力の白ぶどうで、名前のとおり、粒がつやつやで美しいぶどうですよ。

翠峰(すいほう)

「翠峰」は、シャインマスカットに比べると粒が細長く、ツヤが少ない品種です。一番の特徴は、粒の大きさ。楕円形の粒は硬貨2枚分の大きさです。バランスのとれた酸味で味が濃く、ぶどうの味がしっかり楽しめますよ。

マスカット・オブ・アレキサンドリア

容器に入ったマスカット・オブ・アレキサンドリア

Photo by macaroni

"ぶどうの王様"と呼ばれる巨峰に対し、"ぶどうの女王様"と呼ばれる品種。日本ではマスカットと言えばコレ!と言えるほどです。

濃いエメラルドグリーンの色合いが特徴的。その味は、酸味がやや強めで上品な味わいです。香りが強い品種なので、見た目・味・香りの3つが堪能できる、女王様と呼ばれるのにふさわしい白ぶどうですね。
▼アレキサンドリアについてもっと詳しく!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう