食べ方いろいろ!煮こごりの活用アイデア5選

1. ほかほかご飯にのせて。とろとろ煮こごり丼

炊きたてあつあつのご飯に、煮こごりをのせるだけでご馳走になります。ご飯の熱で煮こごりがじんわりと溶けてよく染みますよ。そこをカカッとかきこめば、まさに至福の味。風味のアクセントとして、青ネギやゴマを散らしてもいいですね。

2. つるんと溶け合う。煮こごりの冷奴

豆腐に醤油やネギなどをトッピングして食べる冷奴に、煮こごりをのせるアイデアはいかがでしょうか。やわらかい豆腐とぷるんっとやさしい煮こごりは、合わせて食べると絶妙に溶け合って、旨味が口いっぱいに広がりますよ。

3. 箸が進む。煮こごり入り冷やし茶漬け

ご飯に煮こごりとゆで鶏をのせ、冷たいほうじ茶をかけていただく冷やし茶漬けのアイデアレシピ。ゆで鶏に旨味が染み込む煮こごりとほうじ茶の香ばしい風味がマッチし、食欲のないときでもサラサラと食べられます。熱いほうじ茶を注いでもGOOD!

4. じゅわっとあふれる。あつあつ小籠包

肉だねに煮こごりを混ぜ込んでおくと、加熱したときに煮こごりがスープに変化します。スープがあふれる餃子や小籠包がおうちで作れるなんてうれしいですよね。煮こごりは熱で溶けやすいので、肉だねと混ぜるときはパパッと済ませ、手の熱で温めないように気を付けてくださいね。

5. じんわり絡む。煮こごりうどん

いつものうどんに、旨味がいっぱいの煮こごりをのせるとコクがアップ。めんつゆととろとろの煮こごり、そしてうどんがうまく絡み合いやみつきになるおいしさです。うどん以外にもそばやそうめんなどお好みの麺類で試してみてください。

自分好みの煮こごりで旨味を堪能しよう♪

煮こごりは煮魚を食べたあとの煮汁で作れたり、鶏のゆで汁から作れたりと意外と簡単。さまざまな具材でのアレンジが可能で、レシピの広がりを楽しめる料理です。つるんっと口当たりがよく食べられるので、食欲のないときにもおすすめですよ。ぜひ、夕食やおつまみのひと品に加えてみてくださいね。
【参考文献】
(2021/05/19参照)

編集部のおすすめ