「煮こごり」以外にコラーゲンが含まれる食べ物は?

コラーゲンが豊富な食べ物は、豚足や鶏の皮など。そのほか、フカヒレ、スッポン、ウナギなどにも含まれています。鶏の皮は家庭でも見かけますが、そのほかの食材は、自分で料理をするにはむずしいと感じる人が多いかもしれません。おうちで手軽にコラーゲンを摂取したいなら「煮こごり」がおすすめですよ。(※2)

意外と知らない煮こごりのカロリー

肉や魚など、さまざまな食材を用いて作られる煮こごり。そのため、一概に「煮こごりのカロリーはこれくらい」と示すことができません。

ただ、煮こごりは"ゼラチンで固められた出汁"なので、1人分に換算するとそこまで高カロリーでないことも事実です。1人分(60g)あたり約60〜80kcalほどと、ダイエッターさんたちにはうれしい数字。もちろん使う食材によってカロリーは上下するため、あくまで目安として参考にしてくださいね。(※3)

肉でも魚でも。基本的な煮こごりの作り方

お肉代表:鶏の手羽元で作る煮こごりレシピ

煮こごりの食材は本当にさまざま。ここではその代表格として、肉部門から手羽元の煮こごりレシピをご紹介します。作り方は手羽元をひたすら煮込むだけ。時間はかかりますが、手順としては簡単ですよ。

鶏肉は、骨や骨付近の部位からいい出汁が取れます。ゼラチン質を含み、骨まで丸ごと煮込むことのできる手羽元は、まさに煮こごりにぴったりの食材と言えますね。

魚代表:穴子で作る煮こごりレシピ

魚部門からは、穴子で作る煮こごりのレシピをご紹介します。穴子やウナギなどは、特にゼラチン質が多い魚。煮こごりを作るのに適していますが、上品な味わいに仕上げるには丁寧に下処理をおこなうことが大切です。穴子を丸ごと調理する機会があったら、煮こごり作りに挑戦してみてはいかがですか?

ゼラチンや寒天で固めるのもアリ

肉や魚を使わなくても、煮こごりを作ることは可能です。「煮こごり風」として、市販の粉ゼラチンや寒天を使い、出汁を固めて簡単に作ってみましょう。この方法なら、野菜だけで作ったり、さまざまな食材を試したりすることができますね。

お好きな食材で。煮こごりの人気レシピ7選

1. 味がしみしみ。ぶりと大根の煮こごり

おうちで作る方も多いぶり大根。たまには趣向を変えて、ぶりのあらを使う煮こごりを作ってみませんか?ぶりの旨味が大根にたっぷり染み込み、とろとろの食感に仕上がる煮こごりはたまらないおいしさですよ。

編集部のおすすめ