濃い味が魅力の和食、うま煮ってどんな料理?おいしいうま煮の作り方

「うま煮」と聞いてピンと来ない人もいるのではないでしょうか?うま煮は甘味をメインに、濃い味に仕上げた煮物のことです。和食好きな日本人の好みにぴったりな料理ですよ!うま煮ってどんな料理なの?作り方やアレンジレシピもご紹介します。

うま煮(旨煮)とは?

うま煮とは一般的に、肉や野菜を甘辛く煮た煮物のことを言います。甘味を主体にし、濃い味に仕上げたものとお考えください。砂糖、みりん、お酒、醤油を加えて調味します。白米によく合う味付けで和食好きな日本人に好まれやすい料理だと言われています。砂糖とみりんにお酒や醤油を加えて味付けしたうま煮は、素朴な味わいの田舎煮にもよく似ています。

名前の由来

うま煮は旨煮と表記されることもあり、「うま」の意味としては「旨み」を指すのが一般的とされています。うま煮に似た名称の料理として、甘煮があります。素材を煮詰めて照りを出す調理法のうま煮に対し、甘煮は甘い味付けで煮る料理を指すので、2つは異なる料理だと言えるでしょう。

筑前煮、五目煮、煮しめとの違い

筑前地方と呼ばれる福岡県の郷土料理である筑前煮は「がめ煮」とも言われています。鶏肉や干しシイタケなどを油で炒めてから甘辛く煮る調理法が特徴です。五目煮は5種類の食材を使っていることから「五目」と呼ばれています。現在では5種類の食材に限らず、いろんな食材が入っている煮物を五目煮と呼ぶことも多いようです。

煮しめはその名の通り「煮しめる」調理法が特徴です。煮汁が残らないようじっくり時間をかけて調理する煮しめは、お正月のおせち料理で見かけることが多いのではないでしょうか。うま煮を含め、それぞれ名前の由来や調理法が異なるまったく別の料理だと言えますね。

うま煮の種類

うま煮には和風と中華風の味付けのものがあります。和風だしを使えば和食ならではのほっとするような味わいに、中華だしを使えばいつもとひと味違ううま煮が味わえますよ。

和風のうま煮の作り方

和食器に盛られたうま煮

Photo by macaroni

材料(4人分)

鶏もも肉……1枚(250g)
ごぼう……1本
こんにゃく……1袋(400g)
にんじん……1/3本
ごま油……大さじ1杯
☆酒……大さじ3杯
☆めんつゆ(3倍濃縮)……100cc
☆水……100cc

下ごしらえ

・鶏もも肉は余分な脂を取り除き、ひと口大に切ります。
・にんじんは乱切りにします。
・ごぼうは乱切りにして水に5分さらしてアク抜きします。
・こんにゃくは沸騰した湯で3分ゆでてアク抜きします。

作り方

1. こんにゃくの両面にフォークで格子状に切り込みを入れ、食べやすい大きさに手でちぎります。

2. フライパンにごま油を引いて熱し、鶏もも肉を皮目から並べ入れて両面を中火で焼きます。こんにゃく、ごぼう、にんじんを加えて炒め合わせます。

3. 油が回ったら☆の調味料を加え、落とし蓋をして中火で15分煮込んで完成です。お好みで万能ねぎを散らして召し上がれ♪

ポイント

こんにゃくは包丁を使わずに手でちぎると表面がデコボコになり、味の絡みがよくなります。加熱後はしばらく煮汁に浸しておくと、さらに味が染みておいしい煮物になりますよ♪

中華風うま煮の作り方

和食器に盛られたうま煮

Photo by macaroni

一般的に白菜やえび、きくらげなど、中華でよく使われる食材を使ってうま煮を作りますが、今回は、簡単に作れる白菜と春雨・豚ひき肉のうま煮レシピを紹介します!

材料(2〜3人分)

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう