長野で愛され半世紀のロングセラー。「ホモソーセージ」がいろいろと気になる!

気になる。なぜか気になります。もう半世紀も売れ続けているという、長野県民のソウルフード「ホモソーセージ」。惹かれてしまうのはなぜなのでしょう。名前?味?それともほかのなにかなの?知れば知るほど興味がわく、ホモソーセージの魅力に迫ります。

2016年8月23日 更新

みんな大好き!ホモソーセージ

特に長野出身の方であれば、覚えがあるはずです。子どものころ、学校から帰って冷蔵庫にホモソーセージが入っているとなぜかうれしかった、そういう記憶。素朴な味だけど食べやすくて、絶妙なボリュームで夕食前の空腹を忘れさせてくれる。当時のあなたはきっとホモソーセージが大好きだったに違いありません。

いえ、大人になった今も、あのやさしい味を忘れることはないはずです。時折、むしょうに食べたくなることはありませんか?

この記事では、ずっと昔から愛され続ける長野県民のソウルフード、ホモソーセージの魅力をたっぷり紹介いたします。

ホモソーセージとは?

ホモソーセージは、食品メーカー「丸善」が販売している、たら、ほっけ、まぐろの魚肉で作られたソーセージです。丸善は東京の会社ですが、ホモソーセージの消費量はなぜか長野県が断トツトップ。数年前に『秘密のケンミンSHOW』で取りあげられてからは、ますます、長野県=ホモソーセージというイメージが強くなったような気がします。

ホモソーセージの誕生と製法

ホモソーセージが誕生したのは昭和29年のこと。以来60年以上、変わらぬ製法で作られ続けています。

原料のたら、ほっけ、まぐろは漁船の中ですぐに冷凍すり身にされ、工場で丁寧に練り合わせたあと、ケーシングフィルムに充てんして加熱殺菌。その後、冷却、乾燥、厳しい検品などの工程を経て、大切に出荷されています。

小さな子どもも大好きなホモソーセージは、この製法によって安全性を守り続けているんですね。

ホモソーセージという名前の意味

「ホモ」で「ソーセージ」……。いろいろと妄想を膨らませている人もいるかもしれませんが、それは誤解です。

ホモソーセージの「ホモ」とは、英単語の「homogenized(ホモジナイズド)」から来ています。「homogenized」とは「均質化された」という意味。魚のすり身を全体が均質になるよう、よく混ぜ合わせた生地を使用していることを示しています。

また現在では、「高品質でいつもおいしい」という意味合いも込められているようですね。ホモソーセージを見かけるたびにみなさんが何を頭に思い浮かべていたのか、知る由もありませんが、これで今後は照れることなくホモソーセージを手に取れるはず。

ホモソーセージの大きさやカロリーは?

ソーセージの長さはボリュームに直結する大切な要素。たくさん食べたい人ならば気になって当然ですね。

ホモソーセージの長さは15cmで、重さは85g。胴回りは約8cmと、なかなかのたくましさです。淡いピンク色の本体は、ほかの魚肉ソーセージと比べると若干ずんぐりしているでしょうか。カロリーは1本あたり132kcal。マクドナルドならハンバーガー半分、ケンタッキーフライドチキンならオリジナルチキン半分くらいのカロリーに相当します。

ですが、ファーストフードを食べるより、ホモソーセージを1本食べるほうが満足感は高いでしょう。噛み応えもありますしね。そういう意味では、ダイエットによい食品ともいえそうです。また、カルシウム含有量が高く、骨そしょう症に悩むご婦人にもうれしい食品なんですよ。

ホモソーセージの魅力

ホモソーセージの一番の特長は、クセになるような口当たりです。たら、ほっけ、まぐろの3種類のすり身を丁寧に混ぜ合わせて作られているせいか、ツルンとなめらかで、まるでかまぼこのよう。

また、使用する香辛料の量を抑えて作られているので、素材の味が豊かです。そのままでもおやつやおつまみになりますし、加熱してもおいしく、いろいろなお料理に使える、万能なソーセージです。

ホモソーセージのCMも話題に

ホモソーセージのCMが放映されているエリアは甲信越地方と東北地方が中心ですが、それ以外の地域でもWEBでチェックできます。

CMの中で女子高生・海野恵を演じる女の子は一体誰なのか、彼女の元気な姿に興味を持った方も多いのではないでしょうか。彼女は椎名ももさんという東京都出身のグラビアアイドルです。現在はこの「海野恵」編を入れて二本のテレビCMがオンエアされています。

ホモソーセージを使ったおすすめレシピ5選

1.ホモソーセージのナポリタン

食べやすい大きさに切ったソーセージ、玉ねぎ、パプリカ、マッシュルームを炒め、ゆで上がったスパゲティにケチャップを加えてサッと炒めます。塩コショウで味を整え、お好みでパセリや粉チーズを。やさしい味わいのソーセージだからこそ、昔なつかしいナポリタンにはぴったりですね。

2.ホモソーセージのホットドッグ

特集

SPECIAL CONTENTS