ライター : morico

地域情報雑誌、洋風居酒屋の店長を経験。現在はフリーライターとして活動中です*

軽井沢の食べ歩きグルメがアツい!

さまざまな有名観光スポットが集結している長野県・軽井沢。大自然を堪能できる軽井沢には老舗店や写真映えする食べ歩きにおすすめのグルメがたくさんそろっています。今回は10つ厳選したので、軽井沢に行った際はぜひチェックしてみてくださいね。

1. 素材のおいしさをそのままジェラートに!リビスコの「オブセ牛乳」

500円(税込)
旧軽井沢テニスコート通りにある「リビスコ」。とことん手作りにこだわり、牛乳とフルーツの新鮮さをそのままジェラートで味わえるお店です。

卵は一切使用せず、糖分も最小限に抑えるなど、素材の味を最大限に活かしたジェラートの数々が楽しめます。
お店の定番メニュー「オブセ牛乳」は、毎朝届く北信濃のオブセ牛乳を使用することで、コクがあるのに後味すっきりに仕上げています。

ほかにも季節限定のフルーツジェラートはすべて生のフルーツで作られ、とてもフレッシュでおすすめ♪2種類の味が選べるダブルは600円(税込)と、シングルと100円しか変わらないので、いろいろな味を試したい方にはうれしいですね。

店舗詳細

2. 数々の著名人を虜にする老舗パン屋フランスベーカリーの「フランスパン」

346円(税込)
かのジョン・レノンも訪れていたというフランスベーカリーのおすすめはなんと言ってもフランスパン。これぞフランスパンという素朴なやさしい味わいに外はパリッと中はもちもち、噛むほどにパンの風味を感じられます。看板商品のため売り切れてしまうことも。

かつて万平ホテルでベーカーチーフを務めていた初代 田村寅次郎さんが、1952年に独立創業してできた歴史あるお店。店頭にズラリと並ぶ豊富な種類のパンは創業当時から変わらぬ伝統の味を貫いています。

店舗詳細

3. 本場の味わいが軽井沢で。ラ・フェ・ブルトンの「クレープ」

430円(税込)〜
「ラ・フェ・ブルトン」は、本場フランスのブルターニュ地方にならったクレープやフランスの伝統料理ガレットが食べられると人気のお店です。

砂糖・バター・生クリームのみのシンプルなクレープや、フランスでは定番のヘーゼルナッツやチョコスプレッドなどがトッピングされたクレープ「ヌテラ」もラインナップ。

こちらのクレープは生クリームに砂糖を使用していないため、控えめな甘さの中にコクを感じられます。そば粉を100%使用したガレットは、高温出力できるフランス製の台で焼いているので本場の味を楽しめますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS