コリコリ食感がやみつきに。「茎わかめ」の人気レシピ15選

コリコリした食感が特徴的な茎わかめは、風味がよく和え物や佃煮、炒め物などさまざまなレシピに活用することができるんです!この記事では茎わかめを使った人気のレシピをご紹介。ぜひお好みのレシピを見つけてみてくださいね。栄養素や保存方法も要チェックですよ。

2019年9月11日 更新

「茎わかめ」とは?

茎わかめとは、わかめの葉の軸の部分のことで、コリコリとした食感が特徴です。岩などに固着するわかめは、葉のように水中に伸びています。わかめの葉の中心には主軸=茎わかめがあり、それを中心に左右に大きく葉を伸ばし、羽状にさけています。

茎わかめの栄養価とカロリー

茎わかめは栄養価が高い食品で、100gあたり食物繊維が5.1g、ナトリウムが3100mg、ビタミンKが33μg含まれています。栄養価の割にカロリーは100gあたり15kcalと低カロリーなんですよ。(※)

あとひと品に。茎わかめのサラダ・和え物レシピ5選

1. めんつゆでお手軽に。茎わかめの梅和え

あとひと品欲しいときには、茎わかめを使った和え物が重宝しますよ。こちらは茎わかめを梅和えにしたレシピです。めんつゆと梅のペーストでお手軽に仕上げています。生の茎わかめのコリコリした食感と風味がたまりません。塩蔵のものを使うときには、お好みで味を調節してくださいね。

2. 食感が楽しい、茎わかめのごまマヨ和え

茎わかめのごまマヨ和えなら、サラダ感覚で食べられます。茎わかめ、きゅうり、ちくわを使っていて、それぞれの食感が楽しい和え物になっていますよ。マイルドなごまマヨネーズにわさびの風味を加えて大人の味わいに。わさびなしで作れば、お子さまでも食べやすいですよ。

3. 洋風仕上げ。茎わかめのマスタード和え

お酒のおつまみにするなら、こちらもおすすめですよ。コリコリした食感の茎わかめがたまらない、ひと品です。マスタードと黒胡椒の味わいがアクセントになりくせになること間違いなし!和風に仕上げるなら、からし味噌と和えてもおいしいですよ。

4. クセになる味わい。ほうれん草と茎わかめのごま和え

ほうれん草と茎わかめのごま和えです。茎わかめをほうれん草のごま和えに加えると、コリっとした食感が加わってやみつきに。栄養素を多く含んだ食材を組み合わせた、健康志向の方にぴったりなひと品です。茎わかめは商品によって塩抜き時間が違うので、表示に従って塩抜きしてくださいね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう