おつまみにも♪ 茎わかめの炒め物レシピ5選

11. 生でも塩蔵でもOK。茎わかめのきんぴら

こちらの茎わかめのきんぴらは、ご飯やお弁当のおかず、お酒のおつまみなど何かと使えるレシピです。コリコリした食感もクセになって、止まらないおいしさですよ。生の茎わかめでも塩蔵の茎わかめでも、どちらを使ってもOK。茎わかめだけを使ってもいいし、にんじんなどほかの具材と組み合わせればアレンジも自在です。

12. ビールのお供に。茎わかめのペペロンチーノ

シャキシャキした茎わかめの食感を洋風で食べるならこちらがおすすめ。茎わかめをにんにくや鷹の爪、オリーブオイルで炒めた、茎わかめのペペロンチーノです。茎わかめとにんにくは相性が抜群!ピリ辛な味付けでビールが欲しくなる、ちょっと変わったスパイシーなおつまみです。

13.すっきりとキレのある味わい。茎わかめのピリ辛炒め

お酒のおつまみにぴったりなレシピをもうひとつ。こちらの茎わかめのピリ辛炒めは、塩蔵の茎わかめを使って、塩抜きしてからごま油で炒めています。しょうがの風味を利かせて、隠し味にお酢を加えているので、すっきりとしたキレのある味わいに仕上がっていますよ。

14. お肉の旨みがしみ込む、茎わかめと豚肉の炒めもの

茎わかめはお肉と炒め物にしてもよく合いますよ。茎わかめと豚肉の炒めものは、豚肉の旨みが茎わかめにしみ込んでおいしいんです。こちらもご飯のおかずだけではなく、お酒のおつまみにもバッチリで、茎わかめと豚肉の食感の違いを楽しめます。お好みで一味唐辛子をかけて召し上がれ。

15. 手早く作れる、茎わかめのごまおかか炒め

茎わかめのごまおかか炒めです。佃煮にしてもおいしい茎わかめですが、時間のないときは炒め物もおすすめ。ご飯のお供にぴったりで、かつおぶしやごまが入っているので、風味がアップするだけでなく傷みづらくなります。こちらも作り置きおかずとして重宝しますよ。

余ったら冷凍!茎わかめの保存方法

茎わかめは色やぬめりが出て風味が落ちるため、冷蔵よりも冷凍するのがおすすめ。生のままでも冷凍できますが、塩をまぶして水分を絞ってから冷凍すると、おいしさが長持ちします。保存期間は6か月を目安にしてくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS