使い方自由自在!ハーブソルトの基本の作り方とアレンジレシピ

ただの塩より、料理にぐっと深みを与えてくれるハーブソルト。今回はそのハーブソルトの基本の作り方とアレンジレシピをご紹介します!ハーブと聞くとちょっと難しいイメージがあるかもしれませんが、実は簡単に作れるんです。ぜひ試してみてくださいね。

2017年4月25日 更新

料理の味付けが簡単に決まるハーブソルト

料理に使う塩は何を使っていますか?塩にこだわっている人は年々増え、スーパーでも岩塩やピンク塩など様々な種類の販売が目立っています。
今回は、一振りで料理が決まるハーブソルトについてご紹介します。

ハーブソルトとは?

ハーブソルトとは文字通り、ハーブとソルト(塩)を合わせた調味料です。タイムやオレガノなどのハーブや、オニオンやガーリックなどの野菜を細かく刻んで混ぜたもので、普段使っているお塩の代わりにお肉やお魚からお野菜まで幅広く利用できます。

ハーブソルトの代表「クレイジーソルト」

クレイジーソルトはアメリカで1960年に発売されたハーブソルトで、現在ではアメリカやヨーロッパを中心に世界中で愛用されています。香料などの化学調味料は一切含まれず、無添加・無香料・無着色なので安心して利用できるのが魅力です。日本では1969年から輸入され、スーパーなどで簡単に購入できます。

ハーブソルトの特徴

ハーブソルトの特徴は、複雑な味付けが一振りで簡単にできることです。クレイジーソルトを例に挙げると、セロリやタイム、オレガノ、ペッパーがお肉やお魚の臭みを消して風味付けをし、オニオンやガーリックが料理に旨味を加えてくれます。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう