一色ずつ分けるレインボー

ピザ生地をあらかじめ切り分けておき、ひと切れ分のところに一色だけの具材を置いていくレインボーピザ。こういうレインボーもありですね。Instagramに投稿すれば、注目されること間違いなしです。

エディブルフラワーでカラーをプラス

おうちにあるフルーツや野菜を使ったけど、ちょっと野菜や果物が少なかったかな。そんな時にはエディブルフラワーで色をプラスしましょう。果物や野菜にはないピンクなどの色型せて、パッと華やかになりますよ。女子会などで出せば、みんなのテンションも上がっちゃいます。

他にも人気のレインボーフード

レインボーサンド

ピザと同じような具材で、サンドイッチを作れば、レインボーサンドも作れてしまいます。すでにカット済みの野菜が余って困ったら、レインボーサンドにして、翌日のランチにすれば問題解消!お昼に野菜もたっぷりとれて、言うことなしですね。

レインボーケーキ

「レインボーフード」の元祖とも言われているのが、こちらの「レインボーケーキ」です。色の異なるスポンジを重ねて、きれいなレインボーカラーの断面を作ります。お祝い事で、こんなカラフルなケーキが出てきたら、主役も大喜びですよね。こちらもInstagramなどにたくさん画像が載っているので、ぜひ参考にしてみてください。 ▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

レインボーベーグル

こちらは、まるでたくさんの絵の具を絞り出して生地にしたかのような、「レインボーベーグル」です。日本には上陸していませんが、アメリカのベーグル屋さんで大人気のベーグルなんですよ。 ▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

おわりに

レインボーピザは、野菜や果物で色を作るので、着色料で色を出すケーキやベーグルより、ヘルシーにレインボーを楽しめます。しかも、このカラフルさなら、野菜嫌いのお子さんも楽しんで食べてくれそうですよね。冷蔵庫に余っている野菜でできることも、主婦には嬉しいポイントです。お子さまも、ママもハッピーになれるレインボーピザ。おうちでぜひお試しくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ