栄養満点!ドラゴンフルーツは女性にうれしい新たなスーパーフード

鮮やかな色と個性的な見た目のドラゴンフルーツは、「アサイーの次にくる!」と言われているスーパーフードです。美容と健康に効果が期待できる栄養素がたっぷり詰まっています。今回は、栄養や食べ方、レシピなども紹介していきます。

ドラゴンフルーツとは

アサイーの次なるスーパーフードとして話題を集めている「ドラゴンフルーツ」。みなさんは、食べたことはありますか?夜に大きな花を咲かせることから“夜の女王”と称される、鮮やかなピンク色が美しい南国のフルーツです。

サボテン類の果実で、原産地はメキシコまたは中南米。日本では沖縄や鹿児島などの熱帯地域が主な生産地となっています。ちなみに、海外ではピタヤ(英語: pitaya、スペイン語pitahaya)と呼ばれているそうです。なんといっても、その鮮やかな色合いとゴツゴツとしたインパクトのある見た目に、驚く方も多いのではないでしょうか。

諸説ありますが、その強烈な見た目がまるでドラゴンのウロコで覆われているようだ、という理由から「ドラゴンフルーツ」という名前が定着したと言われています。ドラゴンフルーツは100gあたり50kcalと低カロリーなうえに、農薬をあまり使用せずに栽培できるので、健康志向の人から今大きな注目を浴びているスーパーフードなんです。

それではドラゴンフルーツの魅力についてお伝えしていきましょう。

ドラゴンフルーツの栄養

個性的なビジュアルからは想像もつきませんが、ドラゴンフルーツには驚くべき栄養素がひとつの実にギュッと凝縮されているんですよ。後ほど詳しくお話しますが、美肌効果はもちろん健康にも効果が見込める果物として、今とっても注目を浴びています。代表的な栄養素は下記の通りです。

ビタミンB群

100g当たりおよそビタミンB1が0.08mg、ビタミンB2が0.06mg。さらに、ビタミンB6が0.05mgと豊富なビタミンB群を含んでいます。これらビタミンB群は、小腸から吸収され、体内の細胞にエネルギーを供給する働きがあり、体のだるさや疲労回復効果が見込めます。

ナイアシン

ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、体内でトリプトファンからも合成できる栄養素です。100gあたり0.4mg含まれており、私たちの体づくりをサポートするうえで、欠かすことのできない水溶性ビタミンのひとつ。ナイアシンは糖質やたんぱく質、脂質から細胞でエネルギーを生み出す際の補酵素として働き、皮膚や粘膜の健康維持をサポートしてくれます。

ビタミンC

100gあたりに含まれるビタミンCは7mg含まれています。お肌を美しく保つのに必要なコラーゲンの合成に欠かせない栄養素です。水溶性ビタミンであるため、体内に蓄積しておくことができず、少量ずつこまめに摂取することがポイント。また満腹時の方が効率よく体内に吸収されるため、食後に摂取することをおすすめします。

カリウム

カリウムは、果物の中でもトップクラスの含有量で、100gあたり350mgあります。緊張している時やスポーツで汗をかくと、汗とともに塩分・カリウムを含むミネラルなどの必要な栄養分が流れ出てしまいます。夏やスポーツをした後はドラゴンフルーツを食べてカリウムをしっかり補給しましょう。

葉酸

葉酸は、体内の赤血球の細胞形成を助け、貧血を防ぐ効果が期待できる成分です。ドラゴンフルーツには、100gあたり44μg(マイクログラム)含まれています。葉酸は調理や酸化によって壊れやすい性質のため、食べ物から摂取するのはなかなかむずかしいとされる栄養素です。ですが、生で食べられるドラゴンフルーツは、葉酸の摂取にとっても適しています。

ポリフェノール

強い抗酸化作用を持つことで知られるポリフェノール。じつはドラゴンフルーツの皮には、果肉よりもポリフェノールがたっぷり含まれています。お肌はもちろん、老化の原因となる活性酸素を抑えてくれる働きがあり、若々しい体作りをサポートしてくれます。
こんなにも優れた栄養素が含まれていること、みなさんはご存知でしたか?

上でご紹介した以外に、ほかにもまだまだすばらしい栄養素がたくさん含まれています。また、美肌・健康にも効果が期待できるので、女性にとってはうれしいですね。それでは、これから美容に焦点をあてて詳しくご紹介していきます。

ドラゴンフルーツの美容効果

アンチエイジング効果

特集

SPECIAL CONTENTS