栄養満点!ドラゴンフルーツは女性にうれしい新たなスーパーフード

鮮やかな色と個性的な見た目のドラゴンフルーツは、「アサイーの次にくる!」と言われている栄養満点のスーパーフードです。この記事では、そんなドラゴンフルーツの栄養成分や食べ方、レシピなどをまとめてみました。きっとあなたも、ドラゴンフルーツの魅力にハマるはず!

2019年10月18日 更新

ドラゴンフルーツとは

アサイーの次なるスーパーフードとされている「ドラゴンフルーツ」。みなさんは食べたことがありますか?夜に大きな花を咲かせることから “夜の女王” とも称される、鮮やかなピンク色が美しい南国のフルーツです。

サボテン類の果実で、原産地はメキシコまたは中南米。日本では、沖縄や鹿児島などの熱帯地域が主な生産地です。ちなみに、海外では「ピタヤ」(英語:pitaya、スペイン語:pitahaya)とも呼ばれています。

名前の由来

その鮮やかな色合いとゴツゴツとしたインパクトのある見た目に、驚く方も多いのではないでしょうか。諸説ありますが、その強烈な見た目がまるでドラゴンのウロコで覆われているようだ、という理由から「ドラゴンフルーツ」という名前が定着したと言われています。

気になるカロリー

ドラゴンフルーツは、100gあたり50kcal。1個の可食部(260g)あたりで換算すると、130kcalという計算になります。(※1)農薬をあまり使用せずに栽培できるので、健康志向の人から大きな注目を浴びているスーパーフードなんです。

それでは、そんなドラゴンフルーツの魅力についてお伝えしていきましょう。

含まれている栄養成分と期待できる効果

個性的なビジュアルからは想像もつきませんが、ドラゴンフルーツにはさまざまな栄養素がひとつの実にギュッと凝縮されています。代表的な栄養素は、下記の通りです。
1 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuitoss

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう