ローディング中

Loading...

鮮やかな色と個性的な見た目のドラゴンフルーツは、「アサイーの次にくる!」と言われているスーパーフードです。美容と健康に効果が期待できる栄養素がたっぷり詰まっています。今回は、栄養や食べ方、レシピなども紹介していきます。

ドラゴンフルーツとは

アサイーの次なるスーパーフードとして話題を集めている「ドラゴンフルーツ」。みなさんは、食べたことはありますか?夜に大きな花を咲かせることから“夜の女王”と称される、鮮やかなピンク色が美しい南国のフルーツです。

サボテン類の果実で、原産地はメキシコまたは中南米。日本では沖縄や鹿児島などの熱帯地域が主な生産地となっています。ちなみに、海外では別名ピタヤ(Pitahaya)と呼ばれているそうです。なんといっても、その鮮やかな色合いとゴツゴツとしたインパクトのある見た目に、驚く方も多いのではないでしょうか。

諸説ありますが、その強烈な見た目がまるでドラゴンのウロコで覆われているようだ、という理由から「ドラゴンフルーツ」という名前が定着したと言われています。ドラゴンフルーツは100gあたり50kcalと低カロリーなうえに、農薬をあまり使用せずに栽培できるので、健康志向の人から今大きな注目を浴びているスーパーフードなんです。

それではドラゴンフルーツの魅力についてお伝えしていきましょう。

ドラゴンフルーツの栄養

個性的なビジュアルからは想像もつきませんが、ドラゴンフルーツには驚くべき栄養素がひとつの実にギュッと凝縮されているんですよ。後ほど詳しくお話しますが、美肌効果はもちろん健康にも効果が見込める果物として、今とっても注目を浴びています。代表的な栄養素は下記の通りです。

ビタミンB群

100g当たりおよそビタミンB1が0.08mg、ビタミンB2が0.06mg。さらに、ビタミンB6が0.05mgと豊富なビタミンB群を含んでいます。これらビタミンB群が体のだるさや疲れの原因となる「乳酸」を撃退してくれるので、疲労回復効果が見込めます。

ナイアシン

ビタミンB3やニコチン酸とも呼ばれるナイアシンは、100gあたり0.4mg含まれています。私たちの体づくりをサポートするうえで、欠かすことのできない水溶性ビタミンのひとつです。ナイアシンは血のめぐりをよくする働きによって皮膚の細胞まで栄養が運ばれ、肌の新陳代謝を高めてくれます。これにより、毛穴の黒ずみの改善効果が期待できますよ。

カロテン

りんごを切ってそのまま放置しておくと、茶色く変色してしまいますよね。これは酸化が原因なのですが、年齢を重ねるごとに肌も同じように老化、すなわち酸化していきます。カロテンは酸化を抑える強い抗酸化作用があるので、毎日のスキンケアとドラゴンフルーツで美肌を目指しましょう。

ビタミンC

100gあたりに含まれるビタミンCは7mgと、特別高い数値ではありません。ですが、ほかの果物と一緒に食べることで、相乗効果が期待できます。パプリカやアボカドなど、特に抗酸化作用を持つビタミンEを含む食材と一緒に食べるのがおすすめです。ビタミンCは、お肌のハリに欠かせないコラーゲン作りをサポートして、弾力のある美しい肌へ導いてくれます。

カリウム

カリウムは、果物の中でもトップクラスの含有量で、100gあたり350mgあります。緊張している時やスポーツで汗をかくと、汗とともに塩分・カリウムを含むミネラルなどの必要な栄養分も外に出ていってしまいます。その点、ドラゴンフルーツを食べればカリウムを効率よく補給できるだけでなく、夏バテを防止してくれます。

葉酸

葉酸は、体内の赤血球の働きにアプローチし、貧血を防ぐ効果が期待できる成分です。ドラゴンフルーツには、100gあたり44μg(マイクログラム)含まれています。葉酸は調理や酸化によって壊れやすい性質のため、食べ物から摂取するのはなかなかむずかしいとされる栄養素です。ですが、生で食べられるドラゴンフルーツは、葉酸の摂取にとっても適しています。

ポリフェノール

強い抗酸化作用を持つことで知られるポリフェノール。じつはドラゴンフルーツの皮には、果肉の5〜6倍ものポリフェノールが含まれています。お肌はもちろん、私たちの体の老化スピードを早める細胞の働きを抑えて、若々しい体作りをサポートしてくれるんですよ。

アントシアニン

スマートフォンやパソコンを見続けると、とても目が疲れますよね。なぜなら、これら機器から発せられるブルーライトは、目に大きなダメージを与えるうえ、老化の原因のひとつと言われる活性酸素を大量に発生させてしまうからです。強い抗酸化作用がある「アントシアニン」は増えてしまった活性酸素を取り除く働きがあり、眼精疲労を和らげてくれます。
こんなにも優れた栄養素が含まれていること、みなさんはご存知でしたか?

上でご紹介した以外にも、ほかにもまだまだすばらしい栄養素がたくさん含まれています。また、美肌・健康にも効果が期待できるので、女性にとってはうれしいですね。それでは、これから気になる効果について詳しくご紹介していきますね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

たまご レシピ アレンジレシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、卵炒めをふわとろのしあわせ食感に仕上げるコツを大公開!身近にある食材をプラスして、手軽においしいひと品を♩ササッと作れるアレンジレシピも合わせてご紹介します!

フルーツ

お野菜やフルーツには漢字表記名があります。さまざまな漢字表記名があるため、読めないものもあるでしょう。「西瓜」とはどのような食材なのか、あなたは読めますか?ここでは西瓜について、さまざまなルーツをご紹介しまし…

レシピ

クスクスって食べ物をご存じですか?クスクスとはアフリカ発祥の食べ物。粒々とした見た目は一見お米のようですが、実はツルツルっと食べるあの仲間。今回はクスクスの由来や食べ方、おすすめレシピまでをご紹介。よかったら…

オーストラリア レシピ オレンジ フルーツ

「シトラス・オーストラリア(全国柑橘類産業協会)」が、日本の8月~9月に旬を迎えるオーストラリアネーブルを使い、思わず作りたくなるフォトジェニックなオリジナルレシピを制作!栄養豊富なオレンジを使ったレシピに、…

みなさんは、タリアテッレとフェットチーネの違いを説明できますか?太さや原料が同じものだと思っていた方もいるかもしれませんね。意外と知られていない、こんな素朴な疑問を消化しましょう。そして、たくさんの種類のパス…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。

ページTOPに戻る