北海道のたぬきうどん

北海道の「たぬきうどん」は、かき揚げをのせたものだそうです。関東では「かき揚げうどん」と呼ばれていますよね。ややこしいですが、北海道でかき揚げうどんが食べたいときは「たぬきうどん」を注文するということになります。 かき揚げうどんが「たぬきうどん」と名付けられた由来が、これまたユニーク。かき揚げは衣の割合が多く“タネが抜けているようだ”というところから「タネヌキ」を語源として名付けられたそうです。

たぬきうどんひとつで変わる食文化

あなたがお住まいの地域は、どの「たぬきうどん」でしたか? つまりは、関東で「たぬきうどん」と呼ばれるものは、関西だと「きつねうどん」と呼ばれ、天かすの入ったうどんは「ハイカラうどん」と呼ばれているということですね。 「たぬきうどん」と「きつねうどん」。同じ名前でもそれぞれの地方によって、内容がことなるという興味深い事実がわかりました。こうして、昔から当たり前のようにある食事でも、調べてみると「当たり前」は自分の地域だけだったことに気づいたりもします。うどんひとつとっても、食文化というのは奥が深いものだということがわかりますよね。 今後「たぬきうどんを注文したのに違うものがきた!」なんてことにならないためにも、ぜひ覚えておきましょう。

編集部のおすすめ