ライター : はるごもり

幸せは大好きな人の笑顔から。 今日の食卓を囲む笑顔を応援します。 instagram→harugomori

とろろは秋が旬!

夏の暑さも盛りをとうに過ぎ、少しずつ秋色がそこかしここに見え始める季節。そう、ついに食欲の秋がすぐそこまでやってきました!丸々と大きく実り始める果実、色濃く凝縮するお野菜に、ジワジワと食べたい衝動がわいてきます。どうせなら、夏疲れの身体をしっかりリセットして、元気満点・充電完了の身体で秋の恵みを存分にいただきたいですね。 山芋や長いもも、秋が旬。その最大の特徴であるネバネバには夏の強いダメージを受けた身体を、本来の姿に取り戻す栄養がぎっしりです。特に、食欲の落ちたお疲れ気味の身体にも食べやすいとろろは、夏から秋へ、サッと身体まで衣更えできる最適な食材ですよ。

人気のとろろパスタなら和洋どちらも

とろろといえばやっぱりお蕎麦!なイメージがありますが、このところ、ポピュラーになりつつあるのがパスタとの組み合わせ。イタリアンなネバネバは意外なテイストですが、思った以上に相性がよく、リピーターも多いようです。 すでに専門店では定番の「とろろパスタ」。もちろん、ご家庭でも簡単おいしく召し上がっている方が多いようですよ。

基本のとろろパスタのレシピ

パスタにとろろ、違和感を感じる方もあるかも知れませんが、難しく考えなくても大丈夫。とろろは味にくせがなく、喉越しもとてもよいため、シンプルな味付けでも無理なくいただけますよ。作り方はゆであがったパスタに、ふわふわになるまでかき混ぜたとろろをのせてできあがりです。 どなたにも食べやすいのは、やはり麺つゆでいただく和風の冷製パスタではないでしようか。まだ残暑が感じられる秋口に、茹でて冷やしたパスタの上に、すり下ろした山芋をこんもりとのせ、その上に海苔やかつお節、小口切りのネギや貝割れ大根などをたっぷり散らして彩りもよく。これでおいしくない訳がない!だしの効いた麺つゆで、どうぞたっぷり召し上がれ。

「とろろパスタ」のアイデアレシピ

シンプルな色とお味のとろろですから、バリエーションが楽しめるのが、とろろパスタの利点。アイデアしだいで和でも洋でも、温でも冷でも、おいしくいただけちゃいますよね。ネット上ではどんな趣向が凝らされているでしょう。みなさんのアイデアを少しだけご紹介します。

1. 肉味噌そぼろのピリ辛とろろパスタ

ピリッと辛味の効いたとろろ麺って、なんだか新鮮な感じですね。お肉が入ると少しボリューミーで満足感も断然違います。ごちそう感も一気に増しますよね。

2. 緑の麺に映える和風冷製とろろパスタ

モロヘイヤやほうれん草、お野菜を練り込んだカラフルなパスタがあると目にもおいしくいただけます。お野菜やゆで卵もひと鉢にきれいにたっぷり盛って、みんなで取り分けながらいただくと、会話も弾んで食卓の楽しさも倍増しですよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS