偽物に「NO!」。本物のエキストラバージンオリーブオイルの見分け方

あなたの家のエキストラバージンオリーブオイルは本物?実はエキストラバージンオリーブオイルの偽装は世界中に蔓延していて、スーパーに並んだものの99%が偽物だと言われています。ではどうすれば本物を手に入れられるのか、見分け方をお教えしましょう。

最高峰のオリーブオイルは偽物だらけ

少し前からオリーブオイルの健康・美容効果が話題となっていますね。その最高峰であるエキストラバージンオリーブオイルを選んで買い求める人が増えているそうですが、そこでひとつ質問です。あなたが使っているそのオイル、本物だと自信をもって言えますか?

というのは、エキストラバージンオリーブオイルには偽造品がとても多いから。誇張もありますが、スーパーの棚に並んだエキストラバージンオリーブオイルの半分以上は偽物だ、なんて話もあるくらいです。

エキストラバージンオリーブオイルの偽造には長い歴史があり、ルネサンス期のヨーロッパでオリーブオイルの品質・用途ごとの区分けが行われるようになった頃にはすでに不正があったといわれています。

政府機関にまで、偽造を黙認させるネットワークが張り巡らされてる国もあるんだとか。

でも、安心してください。エキストラバージンオリーブオイルとはどういうものかを知り、見分け方を覚えれば、高い確率で本物を買えるようになりますよ。

3種類のオリーブオイル

国際オリーブ協会(以下IOC)では、次の3つの種類にオリーブオイルを分類しています。

●バージンオリーブオイル
●複製オリーブオイル
●オリーブオイル

この中でもっとも品質が高いのはバージンオリーブオイル。オリーブの果実を搾ってろ過しただけの、科学的な処理を一切用いずに抽出されたオイルです。

そして、その中でも本当に一部のオリーブオイルだけが、エキストラバージンオリーブオイルの表示を許されています。

日本で偽物が多く出回るわけ

実は、日本の市場にはほかの国よりも多くの偽物エキストラバージンオリーブオイルが出回っています。それは、世界と日本とで、エキストラバージンオリーブオイルの基準が異なるからなんです。

実は、世界の多くの国々が加盟して、IOCの基準によってオリーブオイルを区分けして販売している中、日本だけはその加盟を行わずJAS(日本農林規格)の基準に合わせてオリーブオイルを区分けしているのです。

エキストラバージンタイプのオリーブオイル、2つの基準のもっとも大きな違いは酸度なんです。IOCの基準では、100gに酸度0.8%以下のオイルのみをエキストラバージンオリーブオイルだと定めていますが、JASの基準は同量で2.0%以下。それ以外はピュアオリーブオイルに分類されています。

そのため、世界の基準としては「エキストラバージンオリーブオイル」の条件を満たしていないものが、日本の規格においてエキストラバージンオリーブオイルとして商品棚に陳列されているのです。

本物のエキストラバージンオリーブオイルの選び方

それでは、世界基準のより純度の高いエキストラバージンオリーブオイルを手に入れたいと思ったらどうするのがよいのでしょうか?

1. 遮光性のボトルに入ったものを選ぶ

オリーブオイルにとって光は大敵。太陽光どころか蛍光灯の光ですら劣化が進んでしまいます。

誠実な生産者なら、わが子のように大切なエキストラバージンオリーブオイルの品質を守るため、濃い色をつけたビンにボトリングしているはず。色の薄いビンやプラスチックのボトルのオイルは避けた方がよいでしょう。

2. オーガニック認証マークの有無

化学肥料や農薬を使わずに生産されたと商品だと保証するのがオーガニック認証マーク。国ごとにマークは異なるようですが、ボトルにこれがあるようなら本物の可能性が高くなります。

3. 酸度が0.8%以下であるかチェック

IOCに認可されるには、エキストラバージンオリーブオイルの酸度が0.8%以下であること。手に取ったオイルのボトルにこの表記があるかどうかをチェックしてください。英語表記だと、acidやacidityという表記があるでしょう。

4. 価格を見る

1本のオリーブの木から採取できるオリーブオイルはわずか20kg。エキストラバージンオリーブオイルとして認められるオイルは、その20kgのうち本当にわずかなんです。

それだけ希少なオイルを安く売るにはかなりの企業努力が必要で、そのような商品はごくわずか。より確実に本物を買いたいなら、1mlが3円以下のものは買わない方がいいかもしれません。

5. ラベルの情報を確認する

最低限、収穫時期、原産国(地域)、オリーブの品種についての記載がされていなければ、そのオイルは偽物であると判断しましょう。

6. コールドプレス製法で作られているか

高音で抽出されたオイルは栄養成分が少なく、トランス脂肪酸が発生している可能性も。非加熱か30度以下の低音で処理されたものを選ぶようにしてください。

特集

SPECIAL CONTENTS