実はとっても低カロリー。「うどんダイエット」で無理なく痩せたい!

うどんって、実はとても低カロリー。今回は、そんなうどんを使ったダイエット方法をご紹介します。どんなやり方なのか、おすすめの具材は何か、どこに気をつけるべきかなどをまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「うどんダイエット」なら続けやすい!

ダイエットを続けるうえで、最大の敵は食欲。「あれが食べたい、これが食べたい」という気持ちは、なかなか抑えられませんよね。ダイエットを続けられずにリバウンドしてしまう人が多いのも、無理からぬところです。

そこでご紹介したいのが「うどんダイエット」。試しに始めてみたという人が続々とスタイルアップに成功しており、一気に注目度を高めているんです。

うどんダイエットとは?

主食のひとつであるうどんは、カロリーの高い食品だと思われがちですが、実のところ、ほかの主食より圧倒的に糖質量が少なく、カロリーも低いのです。

うどんダイエットは、そんなうどんを毎日食べ続けることで減量を目指すダイエット法。もちろん、3食すべてをうどんにする必要はありません。1日1食をうどんにすれば十分なんです。

気になるカロリーと糖質量は?

うどんのカロリー

具体的に、うどんのカロリーとはどれくらいなのでしょう。ゆでうどんは、100gで105kcal。(※1)うどんひと玉は250gほどなので、約263kcalの計算になります。

ほかの主食との比較(100gあたり)

白米……168kcal(※2)
食パン……260kcal(※3)
スパゲッティ(ゆで)……165kcal(※4)

なんと、同じ100gで比べたときには、うどんのカロリーがダントツで低いことが分かります!一食あたりのグラム数はそれぞれで違いますが、この圧倒的な差にはびっくりですね。

うどんの糖質量

それでは、うどんの糖質量はどれくらいでしょう。糖質量は、食品中の炭水化物量から、食物繊維量を引いた数値で表します。ゆでうどん100gの場合は、20.8g。(※1)ひと玉(250g)で換算すると、52.0gという計算になります。

ほかの主食との比較(100gあたり)

白米……35.8g(※2)
食パン……44.3g(※3)
スパゲッティ(ゆで)……30.3g(※4)

糖質量においても、カロリー同様、ほかの主食よりもうどんのほうが低いという結果になりました。糖質量が低いため、カロリーが低いんですね。

うどんに含まれる栄養成分

たんぱく質

うどん100gには2.6gのたんぱく質が含まれており(※1)、わたしたちの身体を構成する重要な栄養素です。血液や筋肉を作り、皮膚や爪、毛髪や内臓も、たんぱく質が構成成分となっています。炭水化物と同様、エネルギー源としても利用されます。

ビタミン・ミネラル

うどんには、ビタミンB1やナイアシン、パントテン酸などのビタミン、ナトリウムや銅、セレンといったミネラルが含まれています。これらの栄養素は、健康を維持するうえで必須の成分です。

ただし、これらの栄養成分はうどんだけでは賄えないため、ほかの食事でしっかり栄養を補う必要があります。

うどんがダイエットに効果的な理由

少量で満腹感

特集

SPECIAL CONTENTS